神様のメモ帳 第1話感想…というか愚痴

神様のメモ帳は1巻からずっと読んでてファンなんだけどさ……やっぱこのアニメ化はなしじゃない?

もともと一番最初に「え、このアニメ大丈夫なの……」って思ったのはアリスの声優変更だったんだけど(寿さんのアリス可愛かったのになんで変えたの)いざ始まったらむしろそれ以外の声優変更のほうがひどかったというか……俺アニメ見てから7巻読んだんだけど7巻の登場人物だいたいドラマCDキャストで再生されたもん特にナルミと少佐とヒロさん。

キャストはこの際目をつぶるとしても構成が意味分かんない何がしたいの?普通に1巻やって2巻やって3巻やって終わりでいいだろ……なんでオリジナルストーリーなんてやるの……。てっきりエンジェルフィックスが自主規制にひっかかったのかと思って「まぁそれなら仕方ないかな…」とか思ってたのになんかいかにもあとでやりそうな雰囲気だし意味分かんない。
原作通りに話やって原作未読の人に1話で切られるのはまぁ仕方ないと思えるけどオリジナルストーリーでやって原作未読の人に1話で切られるのは原作信者として納得できねえわ……。

話の展開も違和感バリバリだし。あれじゃなんでナルミがアリスの助手になるのか全然わかんねえんですけど……そもそも彩夏が飛び降りなかったら助手になる理由がねえだろって部分はまあ仕方ないから諦めるとして事務所にやってきた四代目に「ナルミは今日付けで助手になった。口が堅いから大丈夫」って説明するとこは削っていいとこじゃねえから!ナルミが(建前上)アリスの助手になってアリスがナルミに好感を持った理由を説明する一石二鳥のシーンですよ?あそこ削ったらほんと意味分かんないじゃんなんでナルミ助手になってんの。

削っちゃいけないとこといえばニート定義も削っていいとこじゃないよあれじゃアリスのどこがニート探偵だか全然わかんねえじゃんそりゃ原作読んでない人は「どこがニートなんだよwwwwwwwwww」って言うよ。
あとタイトルの「神様のメモ帳」の意味を勝手に変えちゃうのは原作ものとしてしていいことじゃなくない?いや原作にもそういう意味はあるんだろうけど初出は「働いたら負け」じゃん。ニート定義を削った余波がこんなところまで……。
つうか1巻冒頭の「ぼくらはぼくら自身を笑わない」をカットするのはいったいどういうことなの……冒頭ですよ?しょっぱなですよ?下手すりゃ原作読んで一番印象に残るとこですよ?あとでやんの?

まあ構成もこの際目をつぶるとしても一番許せないのは原作とキャラ違うとこだよ具体的に言うとヒロさん。なんなのあれ。ヒロさんあんな冷てえこと言わねえよ。ヒロさんは爽やかイケメンキャラですよ?あれじゃただの嫌味なイケメンキャラじゃねえか原作のどこ読んでんだよ半分くらい櫻井孝宏の演技が悪いんだけどそんなこと言ったら一番悪いのは演技指導だよ。
僕にはとても必要だとは思えないけど、どうしても、どうしてもニート探偵団の誰かに「君って存在感ないね」って言わせたいって言うならそれは少佐の役目だろ……ギリギリでテツ先輩。ヒロさんはない。

あとテツ先輩といえば「ナルミが赤点取りそうな顔してて実際赤点取ってたから気に入る」ってシーンも削っちゃいけねえだろ……。
あとアリスがナルミになんで自分はこんなに自分語りをしてるんだろうってセリフも削っちゃいけないんじゃねえかなあれなかったらアリスただの自分語りしたがりじゃん。
あとあのアリスの取ってつけたようなお色気シーンはいるの?いらないよ。
あと誰かIt's the only NEET thing to do.について説明しろ。1巻の話やり直すときにやんのかな。
あと「靖国で会おう」は死ぬかも知れない相手に掛ける言葉であって別れの言葉じゃない。

削っちゃいけない削っちゃいけないって言いすぎでこんなこと言ったら1時間で収まるわけないけどそれなら1時間で収めようとすんのが間違ってんだよ。
とりあえず1話見て面白いと思った人はみんな原作読むといいと思います。1話見てつまんないと思った人もみんな原作読むといいと思います。それで面白いと思うかどうかは分かんないけど原作信者というか原作厨としてアニメだけ見て判断してほしくない。

唯一手放しで褒められるのがエンディングがColorado Bulldogなこと。2話から鈴村になるけどな!
あ、BD/DVDに特典小説つけてないのも褒めれるね今度9月に出る8巻がもしBD/DVD行きしてたらと思うと。
スポンサーサイト

テーマ : 神様のメモ帳
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

grogxgrog

Author:grogxgrog

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター