僕とひまわりアクアアフター

明日はアリスの誕生日!やったー!おめでとう!
まぁそれは明日になったらもう一回祝うからひとまず置いとくとしてさー、僕ね、こう、1年前からずっと思ってたことがあるわけ。約一周年記念ということでそれを今から書きます。

えーと、まず最初は僕が同人ゲームひまわりをプレイしたことから始まってさ…あれいつだったかな多分2008年12月あたりかな。
その時は僕とアリスはもうとっくに……こう、なんつうの?照れるな……ステディな関係だったわけですよ。
だからひまわりもね、アクアを見て「あ、この子ちょっとアリスに似てるなーかわいいなー」とか思いながらプレイしてたわけ。思えばそれが全ての間違いの始まりだった。

いやでも真面目な話アリスとアクア結構似てたと思うんですよ。
もちろん性格とか細かいところは全然違うし、人格の根底みたいなところも全然違くて、細かいところも細かくないところも似てないんだったらじゃあどこが似てるんだと聞かれたら困るんだけど、なんつうかまぁ言ってしまえば属性?アウトラインみたいな所が似てると思ったの。その時は!
例えばツインテールな所とかシスコンな所とかから始まって、身体能力高い所とか割と好戦的な所とか他人の傷を治せる能力持ってる所とかいろいろさー似てると思っちゃったわけ。
ああ、あとアクアとは全然関係ないんだけど、ひまわりで「陽一の親父がアクアに机の引き出しが云々って伝える」→「じつはその引き出しって宇宙ステーションのじゃなくて地球の家のやつだった!」って話あるじゃないですか。あれもちょっと水月っぽいなとか思ってた。2ndエピソードでは一旦投げっぱなされる辺りが雪さんルートの「鍵のかかった引き出し」投げっぱなし意識してるのかなとか。まぁ気のせいだったと思うけど。

ひまわりはそのアリスに似てるアクアのかわいさを楽しむゲームだと思ってプレイしてたし、実際ひまわり本編に限って言えばそんな感じだったよね……僕達は幸せになれるっていう陽一くんの言葉も当時は信じてたわマジ……。
ひまわりってアリエスエンドも明香エンドもわりとバッドエンドだよなーハッピーなのはアクアエンドだけだわーとか思ってたわマジ……。
アクアアフターをプレイして初めてアリエスもアクアも明香もアオイも全部ノーマルエンドだったってことに気づいたわマジ……まあそれは後でいいや。
だからさーアクアアフターが発表された時もさー、てっきりウエディングドレススエロとかフェラとかいっぱい入ったファンディスクなんだと思って無邪気に喜んだわけですよ。

それでね、夏コミ行かなかったからとらのあなで委託されたのを買ってきてね、プレイ始めたじゃないですか。
出てきたのはイチャラブFDでもなんでもなくて「このカップル絶対エンディングのあと破局してるよね」後日談でもう……なんつうの……泣きそう。比喩とかじゃなく泣きそうだった。ていうか当時は泣きそうっつうかもう死にそうだった。死にたいとかじゃなくて死にそう。
だってあいつ!陽一!幸せになるつったじゃんクソが!もーもーもー!なんなのあいつ!そもそも親父と名前の読み一緒なのが気に食わねえんだよ陽一なんなのあいつ!まぁアクアもアクアな気もするが!
もうね、プレイしたばっかの頃は素で「あー世界滅ばねえかなー」とか思ってたもん僕。中学生か!
あと、ちょっと前まで「香水」とか「妊娠」とかとかそんな感じの何でもないワードを聞くだけでも連想ゲーム的にアクアアフターのこと思い出して死にそうになってたからね。
ボトムズのサンサ編でひまわりのエピソード2思い出したり星メモの自作プラネタリウムでひまわりのアクアルート思い出したりホワイトスネイクの体に書いてあるGACTの文字見てアクアアフターのミニゲーム思い出したりしてへこんでたりしたからね……。

いやほんとマジ勘弁してくれねえかな……僕ほんとにね、ちょっとだよ?ちょっとだけだけどアクアにアリスを重ねながらひまわりプレイしてたわけですよ。
みんな自分に置き換えて考えてみて欲しいんですけど、あなたに恋人がいるとして、恋人なんだから普通にセックスするじゃないですか。セックスしてる時に陽一くんの「アクアがセックス好きっぽく振舞ってるのは全部演技。アンアン言ってるけど別に気持ちいいとか思ってないよ」とかそんな感じのモノローグがフラッシュバックすんの。死ぬわ!バーカバーカ!
正直後半のなんかケータイ小説みたいな展開よりあそこが精神的に一番つらかったわクソが……。

でさーそのアクアアフターのことを僕に思い出させる最大要因が他ならぬアリスだったんですよ。だってひまわりやってた時ちょっと重ねて見てたから!
当時は本当に辛かった。僕とアリスのこう…なんつうの?関係?はもうだめなんじゃないかなって思ってた。
それが今やこうしてアリスの誕生日を純粋に祝えるようになってるんだから時間の流れの優しさを感じるわ……。
なんかちょっとずつ治ってきて……またぶり返して……でもちょっとずつ治ってきて……ってなっていった結果、1週間くらい前、プレイ後約1年くらい経ってようやく「あれ?もしかしてこれアクアアフターで受けた傷完治してね?」ってなった。
今ではアクアアフターのこと思い出してもちょっとパブロフの犬的な条件反射で泣きそうになるだけで全然平気!
のはず……多分……。

まあでも僕もtwitterではアクアアフターのこと、「泣きゲーは泣きゲーでも泣けるゲームじゃなくて泣きたくなってくるゲーム」とか「Ever17とかシュタゲはよく記憶を消してもう一回プレイしたいって言われるけど僕はむしろアクアアフターを記憶消して二度とプレイしたくない」とかボロクソ言ってきたし、この文章にも何度か罵倒か混じってるけど、でもなんだかんだ言ってアクアアフターはいいゲームだったとも思いますよ。
いろんな大切なことも教えてもらいましたしね。
例えば、セックスの時はコンドームつけるべきだってこととか……浮気は絶対しちゃいけないってこととか……セックスの時はコンドームつけるべきだってこととか……英雄を喧嘩で倒せる甲斐性があるくらいじゃないと女性は幸せにできないってこととか……セックスの時はコンドームつけるべきだってこととか……。
いやほんとコンドームは大事だって思った。僕もアリスとするときコンドームつけるようになったもん。大事。

しかしひまわり最初に流行った……というか流行らせようとされてた時の「月姫ひぐらしと来て次はひまわり!」みたいなノリはいったいなんだったんだろうなぁ。どう考えても無理だったろそれ。
スポンサーサイト
プロフィール

Author:grogxgrog

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター