ユノっちの服装ってえっちすぎるよね

中山さんかわいい!
何やってるのホミと司令!

以下エレメントハンター Mission19「鉱物(いし)が来た!」感想。

「こういう人を天才って言うのね」
「この才能が丸ごとコピーされているなんて、ユノ凄いな」
「全然そんなこと無いです。それにそろそろ寝た方がいいですよ」

アリーさんババァべた褒め!
ていうかユノっちババァの才能コピーしてたんだ!?
しかし才能をコピーってのもわかるようなわからんような……知識をコピーとかとは違うんだよな。
いざとなれば物凄い閃きを持ってたりするのかしらユノっち。
あとアリーさんがユノっちに凄い気安い感じで喋っててときめく。

「炭素が含まれて無いってことは、もしかしてあれは生物じゃないってことですか?」
「当然だろ、植物じゃん」
「植物も生物でしょ」

ここら辺のわざとらしい説明科学アニメって感じがして好き。

「ポジ元素のせいで地球には無い進化があるだけではなく、無機生命体までいたなんて、あの花のようなQEXは生きてる鉱物なんですね」
「ネガアースにはまだ未知の顔がある。命ある石もその一つです」
「命ある石? でも進化って何千万年もかかるんでしょう? だとすれば、ポジ元素とは必ずしも関係ないんじゃ」
「いいえ、実は地球から消えたポジ元素が流れ込んでいるのは4000万年前のネガアースなんです」

ここら辺の設定話正直よくわかってなかったんだけど、元素が流れ込んでるのが4000万年前のネガアースで、エレメントハンターが回収に行ってるのが現代のネガアースなのね……。
何故か4000万年前のネガアースに流れ込んだポジ元素を4000年前に回収しに行ってるのかと勘違いしてよくわからないことに。
よく考えたらタイムワープとかできないよな、いや元素はしてるけど。

「でもさでもさ、命ある石があるなら命あるアイスクリームだってありじゃね?」
「だったら命あるぬいぐるみだって!」

なんとなく「つまり……反物質で作られた私は……女性ということか!?」を思い出した。
いや、それはないよ……。
ホミの言い方が結構ひどい。「いや、それはないよ……」。

「でも不思議と人間のような知的生命体は存在しないようですね」
「しかし、可能性はあります。もっとも、我々人間に似たヒューマノイドとは限りませんが」

え、もしかしてその内ネガアース人とか出てくんの!?
ハンナちゃんが掘り出した骨っぽいのがそれなのかしら。

「鉱物に遺伝子があるなら…命ある集積回路もいるかもしれない」
「もしかして私のことですか?」
「そうです、命無いんです……」
「そもそも命ってなんでしょうね? 自意識を持つ機械が命も手にいれたら人間になれますか!?」
「そんな難しいこと言われてもな……」
「いやーんそんなにマジに悩まなくていいですよ、言ってみただけー」

ユノっち超かわいい……。
ていうかもう公式の「疑似感情をもつが、それはあくまでも疑似。相手の行動へのリアクションとしてプログラムされただけのものなのでどこかちぐはぐ。」って設定が生きてるのかどうなのか全く分からないよね。
どう見ても自分で考えて行動してるようにしか見えない!
個人的にユノっちの魅力は公式のテキストとのギャップによる所も大きいと思うから生きてた方が嬉しいけど。
公式チェックした時は「ああ無表情系ロボキャラなー」ぐらいに思ってたのに実際見てみたら有能なアンドロイドユノでメイド服着るんだぜ!?

「また僕たちの邪魔する気かー!」
「何をひそひそ話してる!」
「何ー!」

オナニーさんすっかりキャラが崩壊して……。
と思ったけどもともと崩壊とか以前に立ってなかった気がしたロドニーさんのキャラ。

「ちょっとまてよ……」
「どうした?」
「いや、さっきピザが好きって言ってたけど、確か3年前のヤングステラ5月号でチーズが大嫌いって」
「嘘をついたということか?」
「アイドルの記事なんてファンタジーだけど、俺の直感ではあれはマジ」

インタビューの内容を覚えてるだけならともかく、そのインタビューがどこの雑誌でいつ掲載されたのかまで覚えてるとは凄い記憶力だぜトムさん……さすがエレメントハンターだ!
しかもその直感が普通に当たってそうなのが凄いぜ。

「その身体は特別なんだ。君は一生連邦政府に守られる」
ハンナちゃんなんなのかしら……。
ユノっちみたいなロボなのかな無機生命体の生殖活動に反応してるし。

「まだ誰も見たことの無い生きた鉱物が俺のコレクションに! 名前は何にしよう。バイオナイト……いや、生き物だからラテン語の学名だ!」
風呂といいトムさんマジフリーダム。

「これやるの久しぶりだなぁ」
本当に久々な気がするぜ……。
いつ振りだっけこれやるの。とりあえずアリーさん爆発あたりからやってた記憶が無いぜ。

「バッカじゃなかろうか」
バッカじゃなかろうか!
久しぶりにバッカじゃなかろうか!
しかしロドニー惚れっぽいな素直に余り物同士キアラさんとくっつけばいいものを……。

「「お、おばちゃんって言うな少年!」
「ハンナちゃん最高! くくくくく」

何このバカップル!

「こういう人を天才って言うのね」
「この才能が丸ごとコピーされているなんて、ユノ凄いな」
「全然そんなこと無いです。それにそろそろ寝た方がいいですよ」

アリーさんババァべた褒め!
ていうかユノっちババァの才能コピーしてたんだ!?
しかし才能をコピーってのもわかるようなわからんような……知識をコピーとかとは違うんだよな。
いざとなれば物凄い閃きを持ってたりするのかしらユノっち。
あとアリーさんがユノっちに凄い気安い感じで喋っててときめく。

「炭素が含まれて無いってことは、もしかしてあれは生物じゃないってことですか?」
「当然だろ、植物じゃん」
「植物も生物でしょ」


科学アニメって感じがして好き。

「ポジ元素のせいで地球には無い進化があるだけではなく、無機生命体までいたなんて、あの花のようなQEXは生きてる鉱物なんですね」
「ネガアースにはまだ未知の顔がある。命ある石もその一つです」
「命ある石? でも進化って何千万年もかかるんでしょう? だとすれば、ポジ元素とは必ずしも関係ないんじゃ」
「いいえ、実は地球から消えたポジ元素が流れ込んでいるのは4000万年前のネガアースなんです」

ここら辺の設定話正直よくわかってなかったんだけど、元素が流れ込んでるのが4000万年前のネガアースで、エレメントハンターが回収に行ってるのが現代のネガアースなのね……。
何故か4000万年前のネガアースに流れ込んだポジ元素を4000年前に回収しに行ってるのかと勘違いしてよくわからないことに。
よく考えたらタイムワープとかできないよな、いや元素はしてるけど。

「でもさでもさ、命ある石があるなら命あるアイスクリームだってありじゃね?」
「だったら命あるぬいぐるみだって!」

なんとなく「つまり……反物質で作られた私は……女性ということか!?」を思い出した。
いや、それはないよ……。
ホミの言い方が結構ひどい「いや、それはないよ……」

「でも不思議と人間のような知的生命体は存在しないようですね」
「しかし、可能性はあります。もっとも、我々人間に似たヒューマノイドとは限りませんが」

え、もしかしてその内ネガアース人とか出てくんの!?
ハンナちゃんが掘り出した骨っぽいのがそれなのかしら。

「鉱物に遺伝子があるなら…命ある集積回路もいるかもしれない」
「もしかして私のことですか?」
「そうです、命無いんです……」
「そもそも命ってなんでしょうね? 自意識を持つ機械が命も手にいれたら人間になれますか!?」
「そんな難しいこと言われてもな……」
「いやーんそんなにマジに悩まなくていいですよ、言ってみただけー」

ユノっち超かわいい……。
ていうかもう公式の
「疑似感情をもつが、それはあくまでも疑似。相手の行動へのリアクションとしてプログラムされただけのものなのでどこかちぐはぐ。」
って設定が生きてるのかどうなのか全く分からないぜ。
どう見ても自分で考えて行動してるようにしか見えない!
個人的にユノっちの魅力は公式のテキストとのギャップによる所も大きいと思うから生きてた方が嬉しいけど。
公式チェックした「ああ無表情系キャラなー」ぐらいに思ってたら有能なアンドロイドユノでメイド服着るんだぜ!?

「また僕たちの邪魔する気かー!」
「何をひそひそ話してる!」
「何ー!」

オナニーさんすっかりキャラが崩壊して……。

「ちょっとまてよ……」
「どうした?」
「いや、さっきピザが好きって言ってたけど、確か3年前のヤングステラ5月号でチーズが大嫌いって」
「嘘をついたということか?」
「アイドルの記事なんてファンタジーだけど、俺の直感ではあれはマジ」

インタビューの内容を覚えてるだけならともかく、そのインタビューがどこの雑誌でいつ掲載されたのかまで覚えてるとは凄い記憶力だぜトムさん……さすがエレメントハンターだ!
しかもその直感が普通に当たってそうなのが凄いぜ。

「その身体は特別なんだ。君は一生連邦政府に守られる」

ハンナちゃんなんなのかしら……。
ユノっちみたいなロボなのかな無機生命体の生殖活動に反応してるし。

「まだ誰も見たことの無い生きた鉱物が俺のコレクションに! 名前は何にしよう。バイオナイト……いや、生き物だからラテン語の学名だ!」

トムさんマジフリーダム。

「これやるの久しぶりだなぁ」


いや本当に凄い久々な気がする。
いつ振りだっけこれやるの……とりあえずアリーさん爆発あたりから記憶に無いぜ。

「バッカじゃなかろうか」

バッカじゃなかろうか!
久しぶりにバッカじゃなかろうか!
しかしロドニー惚れっぽいな素直に余り物同士キアラさんとくっつけばいいものを……。

「お、おばちゃんって言うな少年!」
「ハンナちゃん最高! くくくくく」


何このバカップル!
スポンサーサイト

テーマ : エレメントハンター
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

grogxgrog

Author:grogxgrog

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター