ミヤギテレビで今からザ・コア!

「さてさてー、いよいよ私地球のコアに向かって出発します。いやーほんとアンドロイドでよかったなー灼熱のマグマの中に突っ込んでいくなんて私にしか出来ないことですもんね。ネガアースではレンさんたちが頑張ってくれてるしなんとしても脱出方法を伝えられるようにしなくちゃ。私の活躍絶対見てくださいね!」
何この次回予告悲しすぎるんですけど……ユノっち泣いてるし……。
某画像掲示板で「ユノっちがシェイプシフターの祖先になってパーツそろってユノっち復活!」っみたいなレスを見なければ危なかった。
そうかそうだったのか!そういやシェイプシフターのデザインユノっちっぽいよ胸のとこにあるぽっちとか!
chara_juno01.jpg
正直俺最初見た時てっきりネガアースに溶けたユノっちがネガアースそのものになるフジリュー封神演義の妲己エンドとかかと思ったけどそっちの方が全然いいな!
まあユノっち死なないのが一番いいけど! まだ5話3週も残ってるんだぜ。

「もしエネルギーが切れたら?」
「裸と同じさ。厚さも寒さも衝撃もみんなそのまんま」

アリーさんがブースターウェアくれるまでレンたちずっとそれでやってたよね! 結構大丈夫なんじゃね?

「このラボとコロニーどちらのポータルに触れても、ゼロの壁の一点を共有する形で、時空のトンネルが二つ同時に開かれる。政府の認識はそこまでですが、私はかつて三つ目の出口を垣間見てそれが元素消失の謎を解く鍵だと考えた。そしてアリーはその出口にアプローチしてくれました。しかしその瞬間レンたちだけでなくハンナもポータルに突入していた。そのためいわば防御機能が働いて本来機関するまで保たれているはずの出入口が閉ざされてしまった」
「私がそんなタイミングであの出口にアプローチしたために……」

アリーさんは責任感が強すぎるぜ。どっちかっつうと悪いのはホミやハンナな気がするのにまあそれもたまたまだけど。
ていうかアリーさんが探してたのって三つ目のポータルだったのね最近適当に見すぎてた。

「その中にポジ元素が含まれていたら僕たちの身体があぶない QEXを生み出すくらい活性化しているんだぞ」
人間がQEXになったらどうなるんだろう意識とか……ポジ元素回収してもらえば元に戻れるのかな。

「ひとつだけ有るでしょう、ネガアースに送り込まれているものが」
「まさか原子核に刻み込んだ情報を元素消失でネガアースへ?」
「さすがはアリーその通りです」」
「なるほどそれならネガアースに情報が伝えられますね」
「でも原子核の表面に膨大な情報を記録するという技術はまだ完全に確立されていないはずです」
「いいえただ一人心当たりがあります」。原子核に膨大な情報を刻み込むことが可能なサブアトミックチップを開発した人間がいます」
「「だとしても地球上のどこで元素が消失するかは予測出来ません」
「地球の表面ではね。一番消失する確率の高い場所へ行けばいいのです」

ここに来て元素消失を逆に利用とかマジクライマックス。

「無駄です。私は今コロニーのコンピュータシステムの総てを掌握しています」
なんというババァ無双。
いや別コロニーがしょぼいわけでもババァが超天才なわけでもなくて多分アンドロイドとか電脳生命体的なあれの凄いハッキング能力なんだろうけど。

「そうだ、ネガアースへの道は二つあった」
「さらにその二つの出口は常にQEXを頂点とした底角30度の二等辺三角形を形成していた。そこで私は直感しました。三つ目のポータルは有ると」
「QEXを中心とした正三角形の残された頂点!?」

いやこれはコロニーも気づこうぜ!?
というか地球側のポータルの出口とか調べなかったのかコロニー。
ポータルからQEXへの距離って結構バラバラで「今回はコロニーチームより先に元素回収できるかも!」とかよくやってた気がするけど気のせいだっけ再放送で見直そう。

「でもどうして?」
「面白いから」

トムさんはやっぱ最高にかっこいいぜ。

「そして原子核に情報を記録するには私が開発したサブアトミックチップを」
なんだサブアトミックチップ開発したのマジモトさんなのか……てっきりカワシマ博士とかゼロ博士と共同戦線とかそんな話なのかと。マジモトさん元からババァ側じゃないか。
というかコロニーがするのユノっちをコアに送り込むためのエネルギー供給だけじゃないか。

「ナンセンスです、仮に転送されたとしても4000万年前のネガアースにでしょう? 彼らに伝わる確率はほぼ0よ」
「しかし0では有りません。彼らは地球の未来です。シェイプシフターがくれたパーツには元素消失を止めるヒントが記されていたのですから」

いや成功確率そんなレベルなのかよ!
まあ確かに確率が低いだけで他に手はなくて元素消失を止められるかもってリターンも凄い大きんだけどでも分が悪すぎるよね!?
ババァの趣味かなんかかそれ……。

「「とりあえず逃げよう!」」
「「仕方ない、アクトシェルで!」」

なんでこの人達いちいち夫婦漫才するの……。

「待て、エネルギーの消費を抑えるために行くのは二人に絞るべきだ」
ぜ、絶対ロドニーがキアラさんと二人で行く前振りだと思ったのに。

「怒った顔もあいつ好みだ」
怒った顔もあいつ好みだ!

「緊急浮上モードだ!」
「ええそんなのあんの?」

知らないのか!?

「あーーーーー」
なんでそこで引くの……。
スポンサーサイト

テーマ : エレメントハンター
ジャンル : アニメ・コミック

プロフィール

grogxgrog

Author:grogxgrog

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター