竹井10日作品 中2設定用語辞典 (八坂原機関)

関連記事
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (聖デルタ王国)
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (魔界・神界・天界・冥界)
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (絶対存在・旧世界の八英雄)
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (七徳院・ブレードフィールド公国)
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (魔法少女福祉機構・三大召喚士・その他)


『がをられ』原作を中心にして他作品のネタバレ無しめにまとめた記事
『彼女がフラグをおられたら』(原作)と竹井10日他作品のクロスオーバーについて


主な更新履歴
 2014/08/06 公開
 2014/12/01 『がをられ』11巻「こんな床が抜ける寮にはいられない、私は角部屋に帰らせて貰うからね!」の情報追加、いろいろ改訂。
 2014/12/16 文章6万文字くらいあって長すぎたので6分割。
 2015/04/05 『がをられ』12巻「大丈夫、この体育祭は安全だから、絶対MVPを取れるわよ」の情報追加。
 2016/04/30 『がをられ』15巻「少し疲れたわ…次の夏休みまで眠らせてもらうね…」の情報追加。
          更新項目:聖帝小路隆守
 2016/09/12 『がをられ』最終巻「冥土の土産よ、最期に卒業式のことを教えてあげるわ」の情報追加。
         更新項目:天舞聖木流
 2017/01/14 『誉められて神軍』1巻「新宿市国」情報追加。
          更新項目:八坂天剣

『八坂の門』『秋桜の空に』『おねきゅー』『ひまチャき』『ポケロリ』『東京皇帝☆北条恋歌』『10歳の保健体育』『がをられ』『誉められて神軍』の頭文字を
「八桜おひポ東保が誉」と並べて登場作品だけ太字にしてみる。



目次
八坂原機関
八坂原機関・関連用語



 


八坂原機関 「桜お誉」
 神代の時代から異界異形の存在と闘う護国組織。近衛や南条、風見などの日本の旧家・名家が所属している。
 本部は異次元にあるが、本部建物自体は軍事教練学校の校舎になっていたものを払い下げてもらって使っているもの。
 本部裏口の扉は何らかの方法で時間と空間を超えた来るべくして辿り着いた人間、八坂原機関に辿り着くことが運命づけられた者のみが入ってこれるらしく、具体例の1つとしては進化の塔の最深部とつながっていた。本部の地下には八坂の門(進化の門)がある。
 外界から国を守る組織であり、自分たちの世界の人間の誰が国家を征服しようと国を滅ぼそうと傍観するというのが建前。異世界からの侵略者とは全力で戦うが、あくまで自分たちの世界の(元)人間である怪蟲や12剣戦士とは戦わない。
 その割には聖騎士王・巴御劔が黒騎士ゼルヴァーン・クレッツベルンと一緒に殺された時は聖騎士王復活計画のために自分たちの世界が魔王のせいで大変なことになってるのにほぼほっぽいて数名残しただけで他の世界に出払っている。安藤静が作って一香・レモンが持ち込んだソウルリンカードライブのせいで魔王に覚醒したいっちゃんも自分たちの世界の人間カウントなんだろか……。 
 第4師団は実戦部隊、第8師団は京都支部的存在らしい。
 また坂無、一つ坂、二つ坂、坂三つなどの9振りの宝刀を所有している。
 その内の1本、一つ坂は剣王・巴美柄が巴の紋と八坂の門番・方丈恋歌の名の元に人魚姫の王子に渡しており、9本中唯一呪われた刀である坂無は冥界軍総司令の鎌倉タケルが所持している。

総帥:風見桜一郎
特殊特務局局長:巴御劔
第零師団師団長:南条夢乃
第零師団師団員:山寺烈斎
第1師団師団員:練馬京伝
第4師団師団長:社燕
情報局主任:近衛科良
聖帝小路隆守
秋山聖
外部オブザーバー:真田武彦
 


風見桜一郎 「八桜お保が誉」
 八坂原機関総帥。
 古くから地域の土豪であり現在も多くの不動産屋企業体を保有する名門風見家の生まれ。
 風見家現当主の風見烈一郎はその類まれなる商才と人徳、そして身内への苛烈さで名を馳せた人物で、彼の息子や娘、甥や姪などほとんどの親族が次期当主の座への道を次々と絶たれていく中、彼が唯一認めたと言われるのがまだ若い孫の桜一郎で、まず間違いなく風見の莫大な利権と影響力を受け継ぐのは桜一郎だと言われている。
 ……というのは『ひまチャき』時の説明なので『東京皇帝』の時期にはもう風見家の当主になっているのかもしれない。
 『おねきゅー』で一ツ坂大学の教授だった風見甚三郎と『ひまチャき』で一つ坂学園の理事長だった猫大帝(風見理事長)は多分親戚。『おねきゅー』の過去回想に出てきたお嬢様の風見千歳も多分親戚。


風見烈一郎 「桜おポ東保が誉」
 明言はされていないが多分先代の八坂原機関総帥か何か。『八坂』で触れられていた八坂原機関本部の偉い人、「風見のお爺さま」が多分この人。
 一ツ坂大学を始めとする一大学園グループ(多分一つ坂学園や奈々坂学園、八坂原学院など)は風見家の数代前の当主が私財を投げ打って創設したもので、真っ当な経営をすれば黒字になる所を学生のために湯水のように私財を投じ続けた結果慢性的な赤字経営になっているらしい。
 


巴御劔 「誉」
 八坂原機関・特殊特務局局長。
 詳細は聖デルタ王国編へ。
 


南条夢乃 「八桜おひポ東保が誉」
 八坂原機関・第零師団師団長。次元の魔女。
 眼鏡におもたげな黒髪ロングの女医。次元の魔女の2つ名の通りに月にショートワープする異空間移動路を開いたり次元と空間の狭間に移動したり出来る。
 多分12聖王家の一つ南条家の末裔。南徳原家は南条家の分家筋にあたる家系らしい。
 『東京皇帝』の人類が滅びた平行世界では帝国暦5892年(西暦7920年)まで一人で生きた後、量産型・エニグマ二式が打ち上げた衛星からの地球上の生存反応が南条本人のもの以外ないという報告を聞いてどこかに姿を消した。

 『ポケロリ』世界では三大導師の1人。黒髪で喪服のような真っ黒な服を着た巴御劔より年下にも年上にも見える不思議な印象の女性。
 『レモネードの守り手』と呼ばれる惑星レモネードの名を冠することを許された唯一無二の人間。星の名を与えられるということはレモネードにおいては最高級の栄誉であり、彼女に並ぶことの出来るのは伝説のポケロリと言われる7体の失われたポケロリだけらしい。
 この伝説のポケロリって明らかにレモンの名に連なる者達のことなんだけど、なんで「児童福祉機構の理事長は伝説のポケロリのアリス・レモン」とか言ってた巴御劔がその舌の根も乾かない内に「失われたポケロリ」とか言い出したのかまるで意味がわからない。
 ポケロリ使いとしての実力は大長老ゼッターロッシュをも凌ぐとも言われるモンスター系ポケロリのエキスパート。
 鉄の四姉妹の末妹、安藤幼の近衛兵団である天舞騎士団元騎士だという噂があるらしい。
 


山寺烈斎 「八保が誉」
 八坂原機関・第零師団師団員。鬼をも喰らうと言われた鬼傑十六覇の一人で破戒僧らしい。烈斎和尚。
 名前的になんか『秋桜』の山寺先生と同一人物な気がしなくもない。なんで先生やってたのかは全くわからないけどまあ近衛科良と秋山聖も八坂原学院で先生してたし……。
 あともしかしたら『八坂』に出てきた巴泰然と近衛出羽の知り合いだった和尚とかもこの人の可能性なくはないかもしれない。
 ちなみに『おねきゅー』の権田原疾風がやっている柔術の名前は鬼傑覇道柔術。めっちゃ鬼傑十六覇と関係ありそう。
 


練馬京伝 「八桜おポ東保が誉」
 八坂原機関・第1師団師団員。
 呪術師らしい。『奈々坂』の練馬かすが(八坂原学院出身)と関係あるかも……ないかも……。
 


近衛科良 「桜おひポ保が誉」
 八坂原機関・情報局主任。探偵。
 『東京皇帝』では皇泉学園高等部に通う眼鏡の少年。『八坂』では23歳の八坂原学院中等部教師。
 守護職近衛家宗家の人間。
 八坂原機関で近衛科良より強い人間はともかく、近衛科良より偉い人間は総司令・風見桜一郎と特務局局長・巴御劔と第零師団師団長・南条夢乃の3人くらいしかいないらしい。
 得意技は貫手。
 同じ八坂原機関の人間である秋山聖は幼馴染み。姉は近衛八朔。祖父は近衛出羽。
 『八坂』では八坂原機関本部の資金を横領した罰で八坂原学院に教師として出向させられたりその出向させられた先で生徒に手を出したりする淫行教師だったが『東京皇帝』では普通のいい人になってた。


近衛八朔 「桜おひポ東が誉」
 守護職近衛家の現宗主。
 弟は近衛科良。祖父は近衛出羽。
 『八坂』では八坂原学院の学長。その数年後が舞台っぽい『保健体育』では学長は別にいるけど実質的には学校のボスな副学長になっている。


近衛出羽 「ひポ東保が誉」
 近衛八朔の先代の近衛家宗主。剣聖と呼ばれていたらしい。
 巴御劔、鎌倉タケル、有坂未空の剣の師匠。
 剣の流派は『八坂』では天舞聖木流、『おねきゅー』では八坂天剣。
 なぜ名前が違うのかはよくわからないが、一応「天舞の傍流を極めた」と説明されているので、本流が総合格闘術の天舞聖木流でその傍流が剣術の八坂天剣とかなのかもしれない。
 巴御劔の祖父である巴泰然は友人。守護職を勤めあげ孫娘の近衛八朔に宗主を譲ったあとは亡くなった友人の孫である巴御劔と巴沙夜を引き取って静かに暮らしていた。


巴泰然 「桜おひ東保が誉」
 守護職の筆頭である巴家の先代宗主。
 巴御劔と巴沙夜の祖父。近衛出羽とは友人だったらしい。
 巴家に伝わる総合格闘術、天舞聖木流の使い手だった。

 『ポケロリ』世界でも巴御劔の祖父であり、剣王の2つ名を持つポケロリ使いだったらしい。
 


秋山聖 「桜おひポ保が誉」
 八坂原機関本部の人間。
 同じ八坂原機関の人間である近衛科良は幼馴染み。
 神社の娘で札を使って戦う。
 


社燕 「八桜お保が誉」
 八坂原機関・第4師団師団長。
 第4師団は八坂原機関の実戦部隊らしい。ひまチャきでは第3師団師団長だったが設定が変わったのか異動した設定なのか謎。
 最高峰の超能力者サイキックで超能力者としては八坂原機関最強らしい。
 『東京皇帝』では中学生として皇泉学園の中等部に通っていた。
 


聖帝小路隆守 「八桜おひポ誉」
 八坂原機関の人間。本部の裏口の詰め所にいた。
 聖帝小路久美子(サンジェルマン伯)の息子で聖帝小路美森の兄。聖帝小路家には聖なる皇帝の血脈が宿っているらしい。
 八坂原機関の一員として魔法少女福祉機構のジークリート・キンダーハイムと知己を得、聖杯と賢者の石を巡って敵対する魔法少女福祉機構と七徳院の仲介をしようとしていた(……のは仮想世界ローカルじゃなくて現実世界でも同じでいいんだよな……)。
 「世界の真理」を探すうちにブレードフィールド地下の暗黒の夢の卵を割ってしまいその中にいた何者かに魂を剥ぎ取られ殺されるが、死亡後に冥府の門をくぐる際、ソロモン・ブレードフィールドと全く同じタイミングでくぐろうとしてしまうという事故が起き、ソロモン・ブレードフィールドの身体に乗り移った状態で現世に引き戻される。
 一度死んで黄泉路へと旅立ちそこねた者の魂は永遠に現世で彷徨い続けることになるため、ソロモン・ブレードフィールドとしても死亡したあとは息子である旗立颯太の守護霊ともいうべき存在となった。
 プリンセス・カグラ号の事後後に仮想世界へと侵入した彼はそこでサクラメントとラプラスの魔に出会い、グリモワールを制御するための依坐となる。
 その後、グリモワールの制御を生み出した自分自身のダミールーチンへ任せた彼はグリモワールから開放され「赴くべき場所」へ向かったらしい。
 八坂原機関総本部にいた隆守さんはなんとなくこの『がをられ』後隆守さんな気がするけど特に根拠はない。
 
 仮想世界愛菜がなんか隆守さんの手紙をラプラスの魔の眷属からのものだとかなんとか言ってたけどあれは結局何だったんだろう。
 


真田武彦 「八桜おひ保が誉」
 八坂原機関の外部オブザーバー的存在。
 詳細は魔界・神界・天界・冥界編へ。




 


守護職 「桜おひポ東保が誉」
 まだこの世が百鬼夜行さながらだった頃、先陣を切ってその魔性の物と相まみえたという5つの家系。
 筆頭は巴家で、他に近衛家などがある。

 イリア・ウォータリングスは四方守護の騎士の1人である西方守護職でナナミ・ウィニングスも西方守護らしいが多分何も関係ない。
 


天舞聖木流 「桜おひポ東保が誉」
 巴家に伝わる総合格闘術。剣を使った技にかけてはどの門派の追随も許さないらしく最強の剣と呼ばれている。
 流派に伝わる宝剣『竜王天舞』を持っている。
 「流舞剣」「秘剣・風破」「奥義・天舞」「奥義・天魔滅却」「天技・覇王鐘」「秘奥義・聖」「秘奥義・舞」「禁呪・地邪(よこしまなるち)」などの技がある。
 使い手は天舞騎士ロナード・ブランジメーカー、白蓮法師、山風刀夜、片城沢女、巴泰然、近衛出羽、巴御劔など。
 巴御劔は免許皆伝だがブランクがあるため中伝あたりまで腕が落ちており、片城沢女は奥伝止まりだが実際はそれ以上の剣気を持っているらしい。

 「奥義・天魔滅却」のネーミングがセンティア流の秘奥義・天魔滅却と完全に被ってる。
 どっちも聖騎士王が使う流派の技なので多分わざとだとは思うんだけど、奥義と秘奥義でなぜかズレてるのでもしかしたらたまたま被っただけかもしれない……。


八坂天剣 「八桜ひポ東保が
 武道最強流派の一つ。『おねきゅー』で近衛出羽が道場を開いて教えていた剣術。
 門下生には有坂未空、鎌倉タケル、巴御劔などがいたが、巴御劔は門下生というより半ば剣客という扱いだったらしい。
 奥義には「四つ坂、桜花散華」「六つ坂」「十坂、紅葉乱舞」など坂の名前がついており、その奥義よりさらに2ランク上の技として禁奥義がある。

 天舞聖木流と八坂天剣の関係がどうなっているのかはよくわからないが、近衛出羽について「天舞の傍流を極めた」と説明されているので、本流が総合格闘術の天舞聖木流でその傍流が剣術の八坂天剣とかなのかもしれない。
 『誉め神』によれば龍鳳無双流や無敵の剣術である銀一天戦姫流と並び称されているらしいけど、出てきたばかりの銀一天戦姫流はともかく龍鳳無双流に特に強そうなイメージがない。


八坂 「八桜おひポ東保が誉」
 小高い丘にある土地。かつては森に覆われた闇の坂として闇坂山と呼ばれていたっぽい。
 神代の時代の奈々坂には仲睦まじい男女の神がいたが、悲しいすれ違いの末に女神が祟り神となって男神を呪い、男神は記憶をすべて失ってこの八坂(多分当時は闇坂山)に姿を消したらしい。
 剣王・巴美柄が人魚姫の王子に八坂の宝刀・一つ坂を渡した「最果ての地、最も忌むべき八つの坂の連なる闇の地」も多分ここ。
 八坂の門は「この地にちなみそう名付けられたのかその門からこの地の名がつけられたのか今となっては定かではない」とか言われてるくらいなので八坂にありそうなもんだけどなぜか異次元の八坂原機関本部の地下にある。なんかの理由で巴御劔あたりが移動させたのかなぁ。


進化の塔 「八桜おひポ保が誉」
 人の命と心を食らう場所。『進化の塔』は巴御劔が知っていた名前でカナートの故郷では『マナの結晶塔』と呼んでいたらしい。
 超えるべき試練を課せられた者の前に現れ、その頂に到達するのを待つ、最も邪悪な聖なる塔。意思のないはずの世界の意志たる塔が登ることを欲した相手が登るらしい。でも試練を越えても今まで塔を登ってきた経験が本当の宝だったのさとかありがちなことしか言ってくれない。
 最上階の最後のフロアキーパーは挑む人間には倒せない仕様の敵として出てくる。
 西園寺一斗たちの時はエニグマQ式。
 巴御劔の時は神竜。
 カナート・ハイパーの時は聖騎士王・巴御劔。
 力を封じられた巴御劔とカナート・ハイパーが率いる初代救世機関探求部の時は『運命狩り』のエデン・リ・プライ。
 この塔は旧世界の"運命システム"により稼働しており、この塔に召喚されれば絶対存在であり最強存在でもある旧世界の八英雄の運命狩りや聖騎士王であろうともこの塔が発する使命から逃れられない。
 最深部には登ってきた人間の業に応じて数が決まる門がいくつかあり、その奥には塔を登ったものに縁のある人間が門番として召喚されている。
 この塔の最深部に辿り着けるのはその魂ごとに一度だけであり転生をしても魂に刻みつけられた記録はクリアされず複数回辿り着くことはできない。
 塔の終着点はいくつかあり、その内の一つは進化の門(八坂の門)がある八坂原機関本部。


八坂の門 「桜おひポ保が誉」
 八坂原機関の地下の封印門。別名進化の門。
 鍵と門番が揃わなければ開かず、鍵は構造上最後に門をくぐった人間が持っており『東京皇帝』時の鍵の持ち主は巴御劔。門番は天地開闢以来北条恋歌(『秋桜』の演劇では方丈恋歌)1人のみが存在しているが失われて久しいと言われていたらしい。
 八坂原機関本部地下の自然洞の中央から奥に伸びる、八十八の鳥居が立つ上り坂の先にある檜造りの大きな門。
 数多の門と七つの坂を抜け、この地に辿り着いたものが超えるべき八つ目の坂の先にある。
 八坂の地にちなみそう名付けられたのか、この門から八坂の名がつけられたのか今となっては定かではない。
 門の先には進化の塔の最終地点、宇宙の中心、命の原点があり、そこには鉄の四姉妹の末妹である安藤幼がいた。
 
 そのまま作品名になっている『八坂』にも登場しており、この門を開くんだか閉じるんだかするために安藤幼や山風刀夜や巴御劔が12本の剣を使ってなんやかんやしている。
 『東京皇帝』で言っていた「西園寺一斗と北条恋歌の前に八坂の門をくぐったのは巴御劔」という話はこの話な気もするので、まあ何がどうなったのかはよくわからないけど最終的には巴御劔が八坂の門をくぐる結末になったのかもしれない。




関連記事
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (聖デルタ王国)
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (魔界・神界・天界・冥界)
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (絶対存在・旧世界の八英雄)
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (七徳院・ブレードフィールド公国)
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (魔法少女福祉機構・三大召喚士・その他)

竹井10日作品 中2設定用語辞典 (七徳院・ブレードフィールド・栄光の神竜兵団)

関連記事
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (聖デルタ王国)
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (魔界・神界・天界・冥界)
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (絶対存在・旧世界の八英雄)
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (八坂原機関)
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (魔法少女福祉機構・三大召喚士・その他)


『がをられ』原作を中心にして他作品のネタバレ無しめにまとめた記事
『彼女がフラグをおられたら』(原作)と竹井10日他作品のクロスオーバーについて


主な更新履歴
 2014/08/06 公開
 2014/12/01 『がをられ』11巻「こんな床が抜ける寮にはいられない、私は角部屋に帰らせて貰うからね!」の情報追加、いろいろ改訂。
 2014/12/16 文章6万文字くらいあって長すぎたので6分割。
 2015/04/05 『がをられ』12巻「大丈夫、この体育祭は安全だから、絶対MVPを取れるわよ」の情報追加。
 2015/08/05 『がをられ』13巻「ここは修学旅行生に任せて、早く枕投げに行くのよ」の情報追加。
 2015/09/03 『愛恋』3巻の情報追加。
 2016/01/01 『がをられ』14巻「ちがう水泳大会で出会えていたら、私達親友になれたかもね……」の情報追加。
         更新項目:N栄光の神竜兵団ニニス
 2016/02/02 『ポケロリ』「りぼんびっくり大増刊号の章」の情報追加。
         更新項目:グリモワール
 2016/04/30 『がをられ』15巻「少し疲れたわ…次の夏休みまで眠らせてもらうね…」の情報追加。
         更新項目:グリモワール暗黒の夢の卵サクラメント神竜
 2016/09/03 『がをられ』最終巻「冥土の土産よ、最期に卒業式のことを教えてあげるわ」の情報追加。
         更新項目:ミーロワース大にゃんこ侍ニャアNニニスグリモワール暗黒の夢の卵サクラメント神竜
 2017/04/01 『ウィザード・フォーミュラ』1巻の情報追加。
         更新項目:サクラメント神竜
 2017/05/15 『がをられ』FLAG07の情報追加。
         更新項目:栄光の神竜兵団

『八坂の門』『秋桜の空に』『おねきゅー』『ひまチャき』『ポケロリ』『東京皇帝☆北条恋歌』『10歳の保健体育』『がをられ』『愛恋』『魔導GPXウィザード・フォーミュラ』の頭文字を
「八桜おひポ東保が愛ウ」と並べて登場作品だけ太字にしてみる。



目次
ブレードフィールド公国
グリモワール関連
栄光の神竜兵団



 


ブレードフィールド公国 「八桜おひポ東保ウ」
 魔女や超能力者が中心となってヨーロッパの片隅に打ち立てられた独立国家。独立当時は魔法公国ブレードフィールドと呼ばれていた。公王と公国議会・七徳院によって国家運営がなされている。
 建国王は先代黒騎士の神楽・ブレードフィールド。
 乏しい資源と満足にあるとは言えない産業しか持たなかったが、国民の異能の力を情報戦に積極的に使って行くことで強大な力と富を蓄えた。
 王家に連なるものが生まれた時、この世ならざる力が宿っているとされた場合は菜波・Kナイト・ブレードフィールドや白亜・Bバーサーカー・ブレードフィールドなどお伽話からつけられるミドルネームが与えられる。
 七徳院議会場の最下層には"はじまりの旗の遺産"、暗黒の夢の卵、惛き命の卵などと呼ばれるグリモワールの制御キーが存在していたため、それが原因で旧き神の第1使途リズミ・オーバーマインや天界から狙われていたっぽい。

王都:ツインブレード
王城:ブレードプリンセス城
王室列車:クィーンブレードフィールド号

 『愛恋』では「スーパーコンピュータとそれに連動した人工衛星群を作ったヨーロッパの小国」というめちゃくちゃブレフィーらしきものが登場。
 西暦2029年ごろに作られたこのスーパーコンピュータと人工衛星群によって人類にもたらされた恩恵は車や飛行機などの完全自動操縦や自然災害・犯罪への対応、降雨や日照の気象コントロールによる干ばつ・水害の減少など多大なもので、人類は人工衛星の名前をとって地球の暦を「グリモア歴」と変えたという。どう見てもグリモワール。
 グリモア歴298年に起きた「スーパーコンピュータ内の人工知能」による人類への反乱は「驕った人々に対する神の罰として遣わされた天使達の仕業」だとも言われていたらしい。
 よくわからないが『がをられ』での天使侵攻→颯太が撃退が起きなかった平行世界が『愛恋』世界とかそういうやつだろうか……。
 グリモワールがいろんな星にばらまかれているのを考えると似たような経緯を辿っただけの別世界とかそういう可能性もなくはなさそうだけど。


七徳院 「八桜ひポ東保愛ウ」
 ブレードフィールド公国の主権を維持する公国議会の通称。
 科学と魔法の両方で世界のほぼすべてを掌握する世界管理組織で世界監視組織。
 1000人程度の構成員から成り、厳格な階級制によって統制を行っており、中でも最上位に位置する101人の上院議員はランカーと呼ばれ番号を与えられている。

 第1仮想世界の七徳院ドリームチーム
No.0:神楽・ブレードフィールド
No.1:ミーロワース
No.2:アリシア・ドラグーン(龍騎士原月麦)
No.3:舞子・ストラテジー
No.7:大名侍鳴
No.8:リスキスフル・ディスティニー
No.14:ニス・フョートレント
No.18:舞琉・カフトリン
No.100:N

 第83462仮想世界
No.33→No.0:大にゃんこ侍ニャア

 現実世界
No.0:神楽・ブレードフィールド
No.1:ミーロワース
No.2:アリシア・ドラグーン(龍騎士原月麦)
No.3:舞子・ストラテジー
No.7?:大名侍鳴
No.10:ニス・フョートレント
No.18:舞琉・カフトリン
No.100:N

 天界軍占領後
No.0:大名侍鳴
No.3:舞子・ストラテジー
No.10:ニス・フョートレント
No.18:舞琉・カフトリン
No.100:N

 『おねきゅー』では人類がスペースコロニーに住むようになった頃の太陽系で一番力を持つ機関として登場。
 人々を幸せにするためにある組織のはずがその理想を大人たちの思惑によってねじ曲げられてしまっているらしく、過ちを犯して戦争を起こしまったらしい。
 七徳院にいったい何があったの……というかこれはさすがに名前が同じだけの違う組織じゃなかろうか。
 


神楽・ブレードフィールド(No.0) 「八桜おひポ愛ウ」
 七徳院最高顧問No.0。
 その正体はブレードフィールド公国の建国王であり先代黒騎士でもある神楽・ブレードフィールド。
 デルタ王国に古くから存在した『はじまりの旗の物語』の女騎士と少年の子孫の家系である古い一族、ブレードフィールドの生まれ。
 その血統に恥じることなく騎士として王国に仕え、やがて頭角を現し、前騎士団長のゴトフレド卿という後ろ盾を得て16歳の若さで騎士団長の任に着く異例の昇任を果たした。
 昇任後の初任務で神竜の眷属と戦うことになったが当時は普通の人間だったため何も出来ずに殺されそうになり、決死の思いで崖から飛び降りた所を旗立深雪とエデン・リ・プライに助けられる。
 部下の敵討ちだとして旗立深雪とエデン・リ・プライが神竜の眷属と戦う場に立ちあうもその神竜の眷属が最後の力で放った運命改変攻撃により運命をねじ曲げられ、国を追われ、精霊記念魔導学院にて奴隷となってしまう。
 しかしそこで黒騎士バルガド・フォートランと出会い、次代の黒騎士に選ばれ黒騎士の名に恥じぬ勇名を各地で残した。黒騎士としての神楽・ブレードフィールドはこの時点での歴代黒騎士の中では最強クラスだったらしい。
 ある時、偶然エデン・リ・プライと再会し、歪められた運命から逃れる方法として異世界への転移を提案され実行に移したことで西暦1340年の地球、百年戦争中のフランスに移動した。
 そこで出会った山風忍に仲介されフランス軍に入隊、最終的に将卒になる。またこの頃ゼルヴァーン・クレッツベルンを弟子にして黒騎士の称号を譲っている。
 百年戦争終結後、厄介払いとしてブレードフィールド公国という名ばかりの国の公王となる。弟の息子に2代目公王を継がせた後も公国に寄り添い続け、最初の数代は表から、それ以降は七徳院を結成して裏から公国を支えた。

 神竜の眷属に傷つけられたことで超常の生き物となっており、左目には数秒から数十秒先を見通す未来検知の異能を持っている。
 バトルスタイルが割と脳筋なので相手に死亡フラグ立てて殺す旗立颯太みたいな面白バトルスタイルで戦っている人間を見ると大笑いする。
 使用武器はデュランダルらしい。名前的に多分フランス時代に手に入れた武器なんだろうどこれ結局出てこなかったな……。

 ちなみに「神楽・ブレードフィールド」って名前と神楽さん=先代黒騎士って設定の初出はザ・スニーカー2010年4月号に載っている東京帝国大辞典その1。『がをられ』の4巻どころか1巻(2011年12月刊)すら発売前です。
 


ミーロワース 「八桜おひポ東保愛ウ」
 七徳院No.1。6本腕の魔人。88の魔人の中にたった2人だけいる魔王を上回る力を持つ規格外の魔人の1人。
 最強魔族の一角。全異界に知らぬ者のない魔人。魔界の狂戦士。
 プライドの高い魔族のエリートであり七徳院に加入するときもNo.0の命令は一切聞かないと明言していた。
 七徳院の中でミーロワースといい勝負が出来るとしたらNしかいない。
 かつて旧き神の第1使徒であったニニス(N)を堕天させたらしい。
 


アリシア・ドラグーン 「八桜おひポ東保愛ウ」
 七徳院No.2。龍騎士アリシア・ドラグーン。
 赤茶けたやや外ハネ気味気味のロングヘア、太く短い眉、好戦的な目元、引き締まった肢体に黄金色の竜の鱗で作られた露出度の高い鎧を着たスラリとした背の女性。
 サクラメントに記憶と能力を奪われ龍騎士原月麦として旗ヶ谷学園に封印されていた。
 


舞子・ストラテジー 「八桜おひポ東保愛ウ」
 七徳院No.3。
 アリシア・ドラグーンの親友らしい。
 


大名侍鳴 「八桜おひポ東保愛ウ」
 七徳院ランカーの一人。第1仮想世界でのランクはNo.7。現実世界でのランクは不明。
 仮想世界ではフラグを限定的に操作する能力を持っていたが、サクラメントに七徳院ランカーとしての記憶とともに奪われてしまった。

 ブレードフィールド公国の天界軍占領後は七徳院の新No.0となっており、ブレードフィールド公国・極東方面全権大使として旗ヶ谷学園に現れた。
 


大にゃんこ侍ニャア 「八桜おひポ東保愛ウ」
 七徳院ランカーの一人。第83462仮想世界での七徳院No.33。『がをられ』最終巻の第83462仮想世界ではなぜか七徳院No.0。
 現実世界の大名侍鳴が第83462仮想世界に潜入する際、同じ世界に大名侍鳴が2人存在することを避けるために用意されたダミーデータのキャラクター。
 にゃんこかわいい名前は七徳院の上層部がつけたらしい。こんな名前つける上層部とか1人しかいねえ。
 


リスキスフル・ディスティニー 「八桜おひポ東保愛ウ」
 七徳院ランカーの一人。第1仮想世界でのランクはNo.8。現実世界ではもう死んでいるような気がする。
 電脳統括官の2つ名を持つ髭にサングラスゴーグルのおっさん。
 元々は18世紀の医師で、人間にとって禁忌とされる領域に踏み込んだために国を追われ、クリスチャン・ローゼンクロイツに呼ばれて魔法公国ブレードフィールドへとたどり着いた。
 現実世界のブレードフィールド公国には「嘗て七徳院を支えた知恵者名を冠する」という街、リスキスフルがある。
 


ニス・フョートレント 「八桜おひポ東保愛ウ」
 七徳院ランカーの一人。第1仮想世界でのランクはNo.14。現実世界でのランクはNo.10。
 カナンの守護聖女の2つ名を持つブレードフィールド王家侍医団長。現実世界ではどうかわからないが少なくとも仮想世界では18歳のショートカットの少女だった。
 現実世界ではNo,10だったのに第1仮想世界のオールスターチームではNo.14になってるの、ニスより上位にオールスターメンバーが4人入っててその分順位が下がってたってことだろうか。その割にはNo.18の舞琉はナンバー据え置きだけど。
 


舞琉・カフトリン 「八桜おひポ東保愛ウ」
 七徳院No.18。浄火の魔導士。
 現実世界ではどうかわからないが少なくとも仮想世界では16歳の巻髪の少女だった。
 


N 「八桜おひポ東保愛ウ」
 七徳院No.100。預言者N。忍者マスター。その正体は先代の旧き神の第1使徒であり、ミーロワースによって堕天した後は神竜の眷属"三つ首の竜"筆頭となったニニス。
 No.0を除けば唯一七徳院創設以来同じナンバーを背負い続けている少年。彼の半生は七徳院の歴史そのもの。
 「最強魔族の一角」「全異界に知らぬ者のない魔人」であるミーロワースと七徳院で唯一いい勝負が出来るらしい。
 一時期聖杯絡みの任務に出ていたことがあるらしい。
 ちなみに「N」という名前の由来は本名がニニスだからではなく、Ninjaの頭文字から取られている。


サンジェルマン伯(聖帝小路久美子) 「八桜おひポ愛ウ」
 ブレードフィールド公国に所属していた錬金術師。数百年の間若さを保っているこの世の摂理から外れた存在。聖帝小路隆守と聖帝小路美森の母親。
 天后まおんの唯一の親友であり、魔法少女福祉機構の名前をつけたのも彼女らしい。
 天后まおん=大魔王シャルロット・ホーリィの唯一の親友なので、多分椿姫子・インフェルノの転生体か何か。




 


グリモワール 「八桜おひ東保ウ」
 SBDを覚醒へと導くための補助輪として、力場の偏っている星やいわくつきの星に聖騎士王がマァリンに頼んで片っ端から建設した魔導人工衛星。

 『がをられ』世界に存在するものはブレードフィールド公国の七徳院が開発・管理する、相互干渉を行いながら進化していく複合型量子コンピューターとそれを載せる人工衛星の総合名称。魔導書グリモワール

『アブラ=メリン』
『アルス・ノトリア』
『アルマデル』
『赤い竜……グラン・グリモア』
『隠秘哲学』
『ガルドラボーク』
『黒い雌鳥』
『ソロモンの鍵』
『ピラミッドの哲人』
『ヘプタメロン』
『ホノリウス』
『ラジエルの書』
『レメゲトン』

 の13機の量子コンピューターと、それらを載せた同じ名前で呼ばれる人工衛星13機で構成されている。
 七徳院議会場の最下層にはグリモワールの制御キー、暗黒の夢の卵が存在している。
 『運命理論の解析』『精神世界の領域への踏破』『上位世界への扉の解放』『世界推移シミュレーション』という目的を背負って開発されたと思われていたが、真の役割はその目的を応用して現実世界に運命改変能力を実現させるための人類の武器。
 表向きの目的が神界の怒りに触れて天使客船の攻撃にあい人類は滅ぼされかけた。
 忍者林瑠璃(エニグマ零式)はデーターベース上に魔導書グリモワール『ソロモンの大いなる鍵』の写本を持つ。

 『ポケロリ』世界に存在するものは衛星軌道上に浮かぶ10の魔導書グリモワール。軌道衛星グリモワール。

「アブラ=メリン」
「アルバデル」
「赤い竜……グラン・グリモア」
「黒い雌鳥」
「ソロモンの鍵」
「ピラミッドの哲人」
「ヘプタメロン」
「ホノリウス」
「ラジエルの書」
「レメゲドン」

 人類創生に関わっていてこの世の全ての理を統べると言われる『ゲノム二重奏会議』により作られた超古代文明の遺産らしい。あと打ち上げたのは宇宙王国(アガルタ)らしい。この設定真っ向から矛盾してない……? ゲノム二重奏会議が作ってアガルタが打ち上げたのかな……。
 ラジエルの書には1500万巻に及ぶデータ写本が含まれているらしく、そのうちの1冊だと言われている本は天使ポケロリでも解読不能なものらしい。
 これも聖騎士王が頼んでマァリンに作らせたグリモワールのはず。

 『愛恋』世界では「ヨーロッパの小国によって作られたスーパーコンピュータとそれに連動する人工衛星群」というものが登場。
 西暦2029年ごろに作られたこのスーパーコンピュータと人工衛星群によって人類にもたらされた恩恵は車や飛行機などの完全自動操縦や自然災害・犯罪への対応、降雨や日照の気象コントロールによる干ばつ・水害の減少など多大なもので、人類は人工衛星の名前をとって地球の暦を「グリモア歴」と変えたという。
 これも多分マァリンが建設したグリモワールの一つだけど、『がをられ』世界の(パラレルな)未来の同一グリモワールなのか、『がをられ』世界とは別の地球に設置された別グリモワールなのかはよくわからんな……。

 機動魔法兵の操縦に関わる特殊なパイロット適性、g適性のgは人型怪蟲リセが言うには「グリモワールに記された約束の子のG」っぽいが意味はよくわからないので多分気にしなくていい。一緒に言っていたセリフも「ジェンマのG」「GILGAMESH聖騎士王のG」はともかく「ガブリエルに愛されし魂のG」「グノーシスに魅入られし瞳のG」とかで全部意味がよくわからない。
 


暗黒の夢の卵 「八桜おひポ東保愛ウ」
 グリモワールの制御キー。最も古い魔導人工知能精霊。始まりの旗の遺産。惛き命の卵。
 その正体については諸説あり、旧世界の神の心臓であるとも、初代魔王の眼球であるとも、異次元星人の食料カプセルであるとも言われている。
 その真の正体は「はじまりの旗の物語」に登場する旗の少年の霊が魔界の底に溶け落ちた後、その地下深くで魔界の瘴気と混ざり合い一つの結晶となったもの。内部には旧世界の神も囚われているが、暗黒の夢の卵の中で永遠とも言える時間を過ごした結果、邪神へと堕ちている。
 自らを生け贄に捧げたデルタ王国の金髪の姫君と魔界の大魔王となった銀髪の姫君を呪っており、銀髪の姫君の末裔に対してはシャルロット・ホーリィを覚醒させることで代替わりさせ大魔王の座から引きずり落とすことで間接的に復讐に成功している。
 その後は「偶然」シャルロットに発掘され、シャルロットの友人錬金術師サンジェルマンに親愛の証として渡され、サンジェルマンによってグリモワールの制御キーとして組み込まれる。
 七徳院議会場の地下奥深くに存在すると思われていたが実際にはすでに孵化しており、卵の中の幽体あるいは霊体とも言うべきものは世界に解き放たれ、世界そのものに同化している。
 中でも最も近い小世界であるグリモワールはその影響を強く受けるため、グリモワールは暗黒の夢の卵に侵食されていた。
 颯太と聖騎士王によってその中核にあった旗の少年の魂が浄化されたことで、中の邪念や想念、邪神と化した旧世界の神が暴走し、グリモワールの中に颯太を取り込んだものの、最終的に黄道器・戦乙女を装備した普通の少女たちと颯太によって倒される。
 


サクラメント 「八桜おひポ東保
 永遠の少女。高次元存在。聖なるもの。電子の巫女。
 この世の何物にも囚われない、この世ならざる全てから縛られし者。最も忌むべき聖なる存在。世界の終わりの始まりに現れると言われている凶兆。
 サクラメントの与える力は真実をつかむためのものだが、しかしサクラメント本人は希望を探しているらしい。
 白い花びらをあしらったワンピースに黒い外套を羽織った桜色の髪の少女。外見年齢10歳程度。
 七徳院の最重要監視対象。ギリシア語でミュステリオンとも呼ばれる超常的存在。
 聖杯へと至る鍵を握ると言われるラプラスの魔の対になる存在として聖杯を求める魔法少女福祉機構からも追われている。

 サクラメントの現出は波乱の前兆とされており、以前現れた時はガートルードの母星(多分惑星レモネード)の価値観のすべてがひっくり返された。波乱というのは一つの星だけのことではなく、世界全体の変革のことを指すものなのかもしれないらしい。
 惑星とコンタクトできる存在だという説がある。

 その正体は量子コンピュータ『グリモワール』が生み出した人格。グリモワールの守り手にしてグリモワールと世界を繋ぐ者。グリモワールの具象化した姿の1つ。
 しかし旗立颯太がグリモワールを開放してからはグリモワールの枷を外れ本物の聖遺物となったらしい。
 惑星レモネードでもサクラメントが現れたっぽくて聖騎士王にちょっかい出していてしかもそれを『がをられ』の桜がおぼえていること、レモネードにもグリモワールがあることを考えれば(桜が適当なこと言ったんじゃなければ)この「グリモワールの守り手」「グリモワールと世界を繋ぐ者」「グリモワールの具象化した姿の1つ」のグリモワールっていうのは『がをられ』世界にある地球のグリモワールのことを指しているわけじゃなく、いろいろな星にばらまかれたグリモワール総体を指しているんだろう多分。

 『WF』では我流(アルカナ)連続剣の21番世界(サクラメント)として名前が登場する。


ラプラスの魔 「八桜おひポ東保愛ウ」
 サクラメントと対になるモノ。運命と因果に関わるもう1つの聖遺物存在。
 ラプラスの魔の与える力は希望をつかむためのものだが、しかしラプラスの魔本人は真実を探しているらしい。

 原作では真っ白な髪に褐色の肌、沢山の花をあしらった黒衣の上に桜色の外套を羽織った童女。
 アニメ版では灰色の髪に普通の肌色で白い服の上に黒い外套を羽織った少女。
 漫画版では黒い髪に普通の肌色で黒い服の上に白い外套を羽織った少女。原作アニメ漫画で全部デザインが違うぞ。

 聖杯へと至る鍵を握っているらしく、魔法少女病を解呪するために聖杯を求める魔法少女福祉機構はラプラスの魔を追っている。
 人類を試し続けている天使の化身だという噂があり、生かすに値しない、神の使徒の列に加わるべきではない存在として人類の魂を断じた時、神界の扉が開き天使の軍勢が人間を滅ぼすと言われているらしい。
 旗立颯太に聖帝小路隆守の筆跡で送られていた手紙は忍者林瑠璃(エニグマ零式)から現れた巫女神愛菜が言うにはラプラスの眷属が送ったものらしい。
 その正体は量子コンピュータ『グリモワール』が生み出した人格。

 『がをられ』第2部ではサクラメントとともに登場。英雄崎凛にクピドゥ・ボゥとフラグ・アローを与えた。


聖杯へと至る鍵 「八桜おひポ愛ウ」
 ラプラスの魔が握っているはずのもの。
 「民間伝承にある2人の姫の希望の旗鍵」らしい。はじまりの旗の物語と関係ありそうだけどはじまりの旗の物語にそんなもの出てこない。というかそもそもそれ言った早織屋アーシェははじまりの旗の物語を知らなかった。
 『東京皇帝』にも『神々の涙』と呼ばれる古の時代のクリスタル(かつては力があったが今や僅かなパルスを発するだけのもの。しかし未だに人々の間に受け継がれる因果と運命の象徴とも言えるもの)が聖杯へと至る鍵として登場しているが、「正解へと至る鍵」という名前が間違えて「聖杯へと至る鍵」と呼ばれているだけのものなので多分別物。


聖杯 「八桜お愛ウ」
 世界の願いをその器に受け輝く、この世で最も神聖でこの世で最も人の生を惑わせてきた聖遺物。
 原初の世界(旧世界)におけるすべての生命体の卵らしい。
 魔法少女が魔法少女であり続ける限りつきまとう『呪い』である魔法少女病を解呪できる唯一の秘宝"賢者の石"を生成できるものとして魔法少女福祉機構が探している。

 聖杯と賢者の石は求める者によってそのカタチを変え様々な次元に無数に存在するとも言われており、例えば『ひまチャき』世界のディノラード王国には霊薬の聖杯庫という異界にある7つの聖杯を収めた宝石箱(聖杯に入った霊薬が無限に湧くという秘宝中の秘宝)があった。
 また惑星レモネードでは聖杯とは地球という星から銀河の海をわたって惑星レモネードに流れてきたものだと言われていたらしい。

 忍者林瑠璃(エニグマ零式)にインストールされたダイナミックリンクライブラリ"聖杯カリス"は賢者の石の原石を人間の魂を媒介として真の賢者の石として研磨するための電子制御プログラム。
 かつてブレードフィールド公国に拾われたサンジェルマン伯(聖帝小路久美子)が知人の錬金術士らとともに長い年月をかけて構築した理論をコンピュータによって制御できるように作り上げたもの。
 不完全なため真の賢者の石への結実を望むならはじまりの旗の物語によって聖杯に人間の喜び、苦しみ、哀しみといった精神波動を刻む必要がある。




 


神竜SBD 「八桜おひポ
 絶対存在であり最強存在である旧世界の八英雄。全次元最強生命体の一角。
 運命を捻じ曲げるという恐るべき力を備えた絶対存在。始原の能力、神が最も恐れる力を持つ神殺しの竜。異形の怪物。妖美な幻獣。
 旧世界において運命を食らうと言われる伝説の存在。アカシックレコードに刻まれた運命すら自在に操ると言われており、絶対運命力を持つエデン・リ・プライの運命を唯一歪曲させることが出来る。
 神竜の能力は聖デルタ王国が開発した『神の祝福対消滅機ゴッドブレスキャンセラー』と似ているがそれを玩具扱いできるレベルのもの。

 もともとは旧世界にいた、竜族の血を僅かばかりに引く少年、SBD。
 名前すら持たない剣闘奴隸だったが、卓越した戦闘能力と人間の限界を超えた戦いぶり、そして彼の中に流れる竜族の血から次第に「神竜」の称号で呼ばれるようになった。しかし彼本人は自分の中に流れる竜族の血を忌み嫌っており、「クラスSのタイプB、No.D」程度の意味しかない闘技場の識別コードであるSBDを自身の名前だとしていた。
 闘技場での活躍は運命を操る力を基にしたものだととある機関の調査により知られた彼は、絶対存在の1人として人工世界研究所で新世界創造計画に関わることになり、そこでギルガメス・センティアやナナミ・ウィニングスと出会う。
 ギルガメスの遺言にしたがって「世界の結晶」に星剣を突き刺すことで不完全ながらも世界を滅ぼし、その後創造された新しい世界において旧世界唯一の生き残りとなった彼は、体内に流れる遥かな先祖の血によって竜そのものとなった。
古い世界の記憶を持ち続ける彼は、その後も世界が滅んでは再生していく中を生き残り続け、世界が滅ぶ時に生まれる星剣をその度に体内に取り込み続け、牙に1本、右爪に2本、左爪に1本、角に1本、尻尾の先に1本、逆鱗に1本の計7本をその身に宿すようになった。
 最強の剣と言われる星剣13本のうち、過半数の7本をその身に宿している彼は、いつしかスター・ブレイド・ドラゴン、S.B.D.と呼ばれるようになった。

  神代の頃には"三つ首の竜"の2つ名で呼ばれる3人の側近を持っていた。リーダーは後に七徳院No.100のNとなるニニスであり、その他には後にヴィレッジイーターと化したヴィデネー神父がいる。
 "三つ首の竜"のような眷属たちは戦いの際には神竜から万能感や戦えば戦うほど気力体力が充実していく高揚感を与えられていたらしい。

 また晩年?は異世界間をつなぐ亜空間ハイウェイ「夢幻回廊」を支配していた。この頃は老化によって厭世的となっており、ほとんど動くことがなかったらしい。その頃の姿はブレードフィールド城と同程度の巨体で、肌の質感は生物というより鉱物に近い。

 神竜の能力がピークに達した場合は神竜本人にすら能力の制御が不可能になる。それによって致命的な因果律の破壊を世界にもたらすことを恐れた神竜は聖騎士王に殺されることを望むが、聖騎士王の力が及ばず騎士団ごと全滅したためやむなく自らの運命を操作して「何者かに自分を殺させる運命」を作り出し、エルン都市卿カルペリア・エルン率いる箱船部隊ロード・センチュリオン(救世組織センチュリオンズ)によって倒されるという形で自殺。その長い長い呪いのような人生を終えた後、颯太・ブレードフィールド・ドラゴンSBDが生まれるまでは数万年間転生体が生まれなかった。

 必殺技は星剣の力を放出する「禁忌聖破・六芒星剣砲Ⅱ式」。

 『がをられ』後は再編された新編聖デルタ騎士団の臨時騎士団長に就任しているらしい。

 『東京皇帝』10巻では真龍SBDという名前で聖騎士王・巴御劔の敵として語られていた。
 多分名前が変更されただけで神竜と同じ存在だとは思うけど、『東京皇帝』10巻の時点での神竜って数万年間未転生でずっと死んだままでいるはずなのにわざわざ名前が出ていることを考えると一応別物の可能性もなくはないような。真王もなぜか真皇になってるし……。

 『WF』ではセンティア・ストラトスS.B.D.、我流(アルカナ)連続剣の17番星(SBD)として名前が登場する。
 


栄光の神竜兵団ドラグーン・オブ・グローリー 「八桜おひポ東保愛ウ」
 神竜が率いる軍団につけられる太古の昔から存在する名称。
 この軍団は「この世界に住むものにとって最も栄誉ある響き」であるらしく、この名を効くだけで旧世界の八英雄であるまおん先生やエデンですら高揚感を覚えるほど。
 神代には神竜兵団の宿将たる3人の神竜の側近が"三つ首の竜"と呼ばれ、現在ではミーロワースを筆頭とするトップ8人が"八岐大蛇"の名で呼ばれている。
 八岐大蛇の名はやがて全次元の中での最強剣士7人に送られる称号「七剣人」に勝るとも劣らぬ栄誉となるらしい。七剣人って結局七剣神と同じものでいいのかな……。
 『がをられ』後は名誉団長に聖騎士王ギルガメス・センティアが就任しているらしい。

 名誉団長
  ギルガメス・センティア

 三つ首の竜
  ニニス
  ヴィデネー神父

電竜部隊
 隊長:リズミ・オーバーマイン

 八岐の大蛇
  ミーロワース
  神楽・ブレードフィールド
  龍騎士原月麦(アリシア・ドラグーン)
  大名侍鳴
  
  リヴェド
  天后まおんシャルロット・ホーリィ
  エデン・リ・プライ
 


ギルガメス・センティア 「おひポ東保が愛ウ」
 旧世界の八英雄の一人。聖騎士王
 詳細は聖デルタ王国編へ。
 


ニニス 「八桜おひポ東保愛ウ」
 神竜の眷属。"三つ首の竜"の2つ名で呼ばれた神竜の側近3人衆の筆頭。忍者マスター。七徳院No.100であるNの正体。
 旧世界の人工世界研究所時代にSBDとナナミ・ウィニングスへ勉強を教えていた先生の名前がニニスなので同一人物だと思われる。
 ただし人工世界研究所時代にSBDが眷属を作っていたようには見えないし、その旧世界唯一の生き残りがSBDな以上旧世界ニニスは死んでいるはずなのでその転生体かなんかだろうか。
 どうでもいいけど七徳院No.10(No.14)のニス・フョートレントと名前がめっちゃ似てる。
 


ヴィレッジイーター 「八桜おひポ東保愛ウ愛ウ」
 神竜の眷属。"三つ首の竜"の2つ名で呼ばれた神竜の側近3人衆の1人、ヴィデネー神父の成れの果て。
 神竜の力を微小ながらも受け継いでおり運命をねじ曲げる力を持つが、その代償としてヴィデネー神父自身も人間としての生をねじまげられ怪物になっている。
 時間の巻き戻しや超再生などの異能を持っていたが旗立深雪とエデン・リ・プライに倒された。
 神竜の加護をなくした亡霊のような存在だったことと神代の時から生き続けたことにより力が劣化しており、旗立深雪とエデン・リ・プライにとっては思っていたよりも苦戦せずに倒せた相手らしい。
 


リズミ・オーバーマイン 「八桜おひポ東保愛ウ」
 栄光の神竜兵団、電竜部隊・隊長。旧き神の第1使徒。
 詳細は絶対存在編へ。
 


ミーロワース 「八桜おひポ東保愛ウ」
 八岐大蛇の筆頭。元七徳院No.1。
 詳細は上述のミーロワースの項で。
 


神楽・ブレードフィールド 「八桜おひポ愛ウ」
 八岐大蛇の1人。元七徳院No.0。
 詳細は上述の神楽・ブレードフィールドの項で。
 


アリシア・ドラグーン(龍騎士原月麦) 「八桜おひポ東保愛ウ」
 八岐大蛇の1人。元七徳院No.2。
 詳細は上述のアリシア・ドラグーンの項で。
 


大名侍鳴 「八桜おひポ東保愛ウ」
 八岐大蛇の1人。七徳院No.0。
 詳細は上述の大名侍鳴の項で。
 


大司教河くるみ子 「八桜おひポ東保愛ウ」
 八岐大蛇の1人。魔法少女福祉機構事務総長。
 詳細は魔法少女・三大召喚士・銀河大皇国・その他編へ。
 


リヴェド 「八桜おひポ東保
 八岐大蛇の1人。元・妖精王女。
 詳細は魔法少女・三大召喚士・銀河大皇国・その他編へ。
 


天后まおん 「八桜おひポ愛ウ」
 八岐大蛇の1人。元魔法少女福祉機構事務総長。大魔王。
 詳細は魔界・神界・天界・冥界編魔法少女・三大召喚士・銀河大皇国・その他編へ。
 


エデン・リ・プライ 「八桜おひポ東
 八岐大蛇の1人。運命狩りのエデン・リ・プライ。
 詳細は絶対存在・旧世界の八英雄編へ。




関連記事
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (聖デルタ王国)
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (魔界・神界・天界・冥界)
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (絶対存在・旧世界の八英雄)
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (八坂原機関)
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (魔法少女福祉機構・三大召喚士・その他)

竹井10日作品 中2設定用語辞典 (魔法少女・三大召喚士・銀河大皇国・その他)

関連記事
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (聖デルタ王国)
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (魔界・神界・天界・冥界)
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (絶対存在・旧世界の八英雄)
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (八坂原機関)
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (七徳院・ブレードフィールド公国)


『がをられ』原作を中心にして他作品のネタバレ無しめにまとめた記事
『彼女がフラグをおられたら』(原作)と竹井10日他作品のクロスオーバーについて


主な更新履歴
 2014/08/06 公開
 2014/12/01 『がをられ』11巻「こんな床が抜ける寮にはいられない、私は角部屋に帰らせて貰うからね!」の情報追加、いろいろ改訂。
 2014/12/16 文章6万文字くらいあって長すぎたので6分割。
 2015/04/05 『がをられ』12巻「大丈夫、この体育祭は安全だから、絶対MVPを取れるわよ」の情報追加。
 2015/08/05 『がをられ』13巻「ここは修学旅行生に任せて、早く枕投げに行くのよ」の情報追加。
 2015/12/30 『がをられ』14巻「ちがう水泳大会で出会えていたら、私達親友になれたかもね……」の情報追加。
          更新項目:リヴェドクラスチェンジ
 2016/05/14 『がをられ』15巻「少し疲れたわ…次の夏休みまで眠らせてもらうね」の情報追加。
          更新項目:カルペリア・エルンクラスチェンジ
 2016/09/03 『がをられ』最終巻「冥土の土産よ、最期に卒業式のことを教えてあげるわ」の情報追加。
          更新項目:リヴェド片城沢女
 2017/01/14 『誉められて神軍』1巻「新宿市国」情報追加。
          更新項目:姫宮ゼネット舞姫ゼネット銀一天戦姫流龍鳳無双流
 2017/01/14 『魔導GPXウィザード・フォーミュラ』1巻情報追加。
          更新項目:リヴェドカルペリア・エルン我流剣権田原光

『八坂の門』『秋桜の空に』『おねきゅー』『ひまチャき』『ポケロリ』『東京皇帝☆北条恋歌』『10歳の保健体育』『がをられ』『ここから脱出たければ恋しあえっ』『愛だ恋だを取り締まる俺に、春がやってきたので無秩序』『誉められて神軍』『魔導GPXウィザード・フォーミュラ』の頭文字を
「八桜おひポ東保が誉ウ」と並べて登場作品だけ太字にしてみる。





目次
四大魔法組織
三大召喚士
銀河大皇国
その他の人名・用語
中2用語(普通名詞)
非中2用語



 


四大魔法組織 「八桜おひポこ愛誉ウ」
 異世界における魔術師シンジケートの中で最大規模を誇る四つの組織。

魔法少女福祉機構
アヴァロン魔導師団
精霊記念魔導学院
アーネンエルベ魔法ギルド
 


魔法少女 「八おひポこ愛誉ウ」
 物理法則魔導法則すらも超越する『真の魔法』を操る出鱈目な存在。全次元に80億人存在する。
 魔法少女病という呪いに罹患しているらしい。
 基本的に善人なので弓引かれぬ限り自分たちから何かを仕掛けてくることはない。
 


魔法少女福祉機構 「八桜おひポこ愛誉ウ」
 四大魔法組織の一つ。組織の名付け親はサンジェルマン伯(聖帝小路久美子)。構成員は全次元80億の魔法少女達。
 『東京皇帝』時のトップは事務総長・天后まおん。
 『がをられ』第2部時にはその天后まおんの指名により大司教河くるみ子が新事務総長になっている。
 会員の数が80億人と多すぎるため、新事務総長は争奪戦や選挙などによる選抜ではなく前事務総長による指名で選ばれることになっているらしい。
 
 魔法少女が罹患する呪い・魔法少女病を解呪するために賢者の石を必要としており、それを生成する聖杯(と聖杯に至る鍵を持つと言われるラプラスの魔)を求めているため、聖杯についての秘密を隠匿しようとしている七徳院とは敵対している。
 レモンの名に連なる者達の『純白の姫君』アリス・レモンが理事長をしていた惑星レモネードの胡散臭い独立都市統治組織・児童福祉機構と名前が似てるが多分特に関係ないだろう……。

事務総長:天后まおん
新事務総長:魔法少女みらくるみん
次席監察官:ジークリート・キンダーハイム
本部主席秘書官:早織屋アーシェ
極東統括マネージャー:美麗川火鈴

 ちなみに魔法少女と呼ばれる存在には他にも魔法少女マジカル☆リセエールや変身魔法少女 マジカル☆カナ坊がいる。
 あと魔法少女マジカル葉樹とか魔法少女リリカル莉子とか魔法少女ロジカル碧依とか魔法少女フィジカル巫女兎とか、もしかしたらカナルナとか……。
 


天后まおん 「八桜おひポこ愛誉ウ」
 魔法少女福祉機構・事務総長。この世で最もおぞましきモノ。絶対存在の一角。
 焦げ茶色の長い髪と黒い目を持つ赤いリボンの少女。
 大賢者マァリンが震えて動けなくなる程の驚異的な力場を持つ。地の底から噴き出してくるような異常な独特の力場らしい。
 尋常ではない魔法の力で魔法少女たちをまとめ上げた剛の物。笑いながら相手を叩きのめす方向性の超武闘派。

 その正体については魔界・神界・天界・冥界編へ。
 


魔法少女みらくるみん 「八桜おひポ東保こ愛誉ウ」
 魔法少女福祉機構・新事務総長。魔法少女となった大司教河くるみ子。
 魔法少女の資質の中でも特級の超強力な特性<魔力の泉>を持を持っており、その魔力は優しく絶大。魔力の泉は持つものが10億人に1人と言われる稀有な才能らしい。
 元々は現実世界に住んでいるごく普通の少女だったが、仮想世界の大司教河くるみ子が超強力な魔法少女として覚醒したことで魔法的な多重次元重複存在となり現実世界でも魔法少女として覚醒した。
 その際に記憶も流れこんできたため仮想世界での記憶を保持している。(ただし仮想世界のくるみ子が魔法少女として覚醒した学園祭初日以降のことはあまり知らないらしい)。
 多分七徳院に加入したんだろうけどなんとなくノリで七徳院ローブ着てるだけとかの可能性もなくはなさそうだなーとか思ってたらマジでノリで着てただけだった。

 『がをられ』第1部での魔法少女としての姿はピンク色を基調としたマーチングバンドのような帽子付きの煌びやかな魔法少女服に、やや長めの柄の先にうっすらとしたピンク色の大きな一対の輝く翼を大きく広げた杖。
 『がをられ』第2部での魔法少女としての姿はセパレートのへそ出しでありながらキュートさを失わないフリルとリボンで彩られている愛らしい衣装に、うっすらとしたピンク色に輝く根本に小さな一対の翼を広げた先端にうずまきキャンディ型の魔力発生装置を宿した杖。
 


ジークリート・キンダーハイム 「八桜おひポ東保こ愛誉ウ」
 魔法少女福祉機構・次席監察官。
 キンダーハイム・インダストリアル社・聖遺物開発一局局長。キンダーハイム5姉妹の四女。
 赤いセーラー服に短いマントを羽織った、先端に行くに従い薄くなる赤毛にリボンをいくつも纏わせた少女。エース級で最高レベルの魔法少女らしい。
 コミュ障で友達がおらず、味方は妹のクリームヒルト・キンダーハイムと後輩の早織屋アーシェくらいしかいない。
 魔法少女福祉機構では事務総長の天后まおんと、キンダーハイム・インダストリアル社ではイングリッド、ガートルード、ヴァルプルギスの姉3人と敵対している。
 自然超治癒オート・スーパーヒールの魔法が常にかかっていて多少の怪我なら勝手に治る。
 先の魔導大戦(何それ)でリヴェドと会ったことがあるらしい。
 姉のガートルードから教えられピッキングが出来る。
 


早織屋アーシェ 「八桜おひポ東保こ愛誉ウ」
 魔法少女福祉機構・本部主席秘書官。
 可愛くリボンをあしらった紺色のスクール水着とスカイブルーのメイド服を組み合わせた服を着た、大人しそうな顔つきの少女。長い薄水色の髪を頭の上で2つに分けている。
 普通の学生として生活を送っていた所をジークリート・キンダーハイムにスカウトされ魔法少女になった。魔法少女福祉機構への積極的な参加を自由意志に任された大司教河くるみ子とは違い、参加を半ば強制されたらしい。
 ずばぬけたお人好しという名の人望の厚い人間であり、その性格が理由で魔法少女福祉機構の出世街道に乗っている。
 


美麗川火鈴 「八桜おひポ東保こ愛誉ウ」
 魔法少女福祉機構・極東統括マネージャー。
 天后まおんの走狗。しかし駄犬のため割りと間違って飼い主の天后まおんにも噛み付くためド田舎(仮想世界?)に飛ばされているらしい。
 


アヴァロン魔導師団 「八桜おひポこ愛誉ウ」
 四大魔法組織の一つ。聖デルタ王国所属の魔導師団。
 詳細は聖デルタ王国編へ。
 


精霊記念魔導学院 「八桜おひポこ愛誉ウ」
 四大魔法組織の一つ。
 精霊島と呼ばれる巨大な島を領土とする学園国家の中枢。
 聖デルタ王国と同じ異世界(第2次界)に存在する。
 


アーネンエルベ魔法ギルド 「八桜おひポこ愛誉ウ」
 四大魔法組織の一つ。
 名前以外よくわからないが名前見た限りでは多分12聖王家のアーネンエルベがボスの組織とかな気がする。




 


三大召喚士 「八桜おポ東保こ愛誉ウ」
 全次元における三大召喚士。
 現在登場しているのはナルメル・エベラーゼと仁時天神の2人で、黒騎士とか銀河大皇国第5星団守護衛士長の剣聖・姫宮ゼネットとか色々すごそうな人たちを召喚できる。
 あと旗立深雪の電子の魂を召喚したという三大召喚士の1人(第2次界在住)が最後の1人なんじゃないかな。エベラーゼは天界人で仁時天神は大阪人だからどっちも異世界人じゃなさそうだし……。
 


仁時天神 「八桜おポ東保がこ愛誉ウ」
 仁時一紗香の祖父で仁時夕顔の父。三大召喚士(三大召喚師)の1人。大阪の人間で関西弁をしゃべるらしい。
 嘗ては黒騎士すらも召喚できたと言われる一部では英雄中の英雄的存在。
 仁時一紗香が魔王として持つ強力な魔族召喚能力はこの祖父の血を受け継いだものだとか。
 召喚された黒騎士ってゼルヴァーン・クレッツベルンなのか神楽・ブレードフィールドなのか全然違う人なのかどれだろう。


ナルメル・エベラーゼ 「八桜おひポ東保こ愛誉ウ」
 三大召喚士の一角。"真紅のエベラーゼ"。
 詳細は魔界・神界・天界・冥界編へ。




 


銀河大皇国 「八桜おひポ東保こ愛誉ウ」
 超科学技術を持った異世界に存在する大国。
 全次元の中でも1つの世界を全て手中に収めている大国はこの銀河大皇国しか存在しないらしい。
 聖デルタ王国ですら世界の11%しか支配していないようなので、単純に考えて聖デルタ王国の9倍以上の規模がある。すごい。
 


姫宮ゼネット 「八桜おひポ東保こ愛誉ウ」
 銀河大皇国、第5星団守護衛士長。剣聖。
 近未来的なパワードアーマーのような鎧を纏ったプラチナブロンドの少女。ミーロワースや大賢者マァリンに「勝てなくもない」と言わせるほどの強さを持つ。
 融通の効かない性格で有名らしい。唯一の弱点は猫。
 この人の持ってる剣聖の称号って東雲十狼佐に天剣の称号を与えた世界に3人しかいない剣聖とかいうやつと同じものなんだろうか……。

 『誉められて神軍』のメインヒロイン?なパラディン新撰組局長・舞姫ゼネットは多分この人の関係者だろうけどなんなのかはよくわからない。
 転生体か親戚かルーン・ヴェルヴェット→ルーンベルベット張方式の恩人の名前借りてる系の可能性とかもあるかも……。
 


 


龍旗神社 「八桜おひポ東保こ愛誉ウ」
 京都にある神社。
 海の向こうから渡ってきた龍人(龍神)の末裔が興したと言われる旗立家が守っている。旗立家の現当主は旗立寿々で、その孫に旗立颯子がいる。旗立颯太の母親である旗立理沙はもともとこの家の人間らしい。
 旗立家の祖先であるその「海の向こうから渡ってきた龍人の末裔」の残した遺言に「東方より来たれり、龍の末裔、金の姫と銀の姫を伴い、系統樹にその名を刻む。さすれば、星の剣を与えるなり」というものがあり、それに従って京都に修学旅行に来ていた旗立颯太に星の剣(木刀)を渡した。
 御神体は一千数百年前に京都に舞い降りた天女に親切にしたことで天女からもらったという羽衣。
 龍旗神社という名前の由来もその羽衣が旗のように見え、羽衣の裾の部分に薄く入っている透かしが龍に見えなくもないからだという。
 この天女、どう考えても乙女銃士隊9番隊副隊長の明王寺ふわりのことだ……。
 


愛藤四菜 「八桜おひポがこ愛誉ウ」
 東京帝国の軍人。エース級の腕を持つ精鋭を集めた部隊、特別機甲師団4021部隊(通称・機動魔法兵団)に所属するスーパーエース。
 機動魔法兵のパイロットとしては聖デルタ王国にあるキンダーハイム・インダストリアル社本社でも最高級の評価をされており、未知の世界の謎めいた美少女ということで人気も非常に高く、機動魔法兵開発プロジェクトの資料の表紙などにもなっているらしい。
 愛藤しぃなという芸名でコスメモデルもやっている。

 『がをられ』と『ここ恋』と『愛恋』には「千歳空港流氷慕情」や「恋のスーパーバタフライキック」、「吠えろ!パンダの魂」、「身分違いの恋しよう」などの作詞作曲:愛藤四菜の楽曲が登場している。
 どの作品も『東京皇帝』と特に世界はつながっていないはずだが毎回のように出てくる。
 『東京皇帝』世界ではただのコスメモデルのはずがなぜか他作品ではシンガーソングライターになっているが、『がをられ』の田中芹香によると「最近、モデルの仕事の他にグラビアとか歌とかせりきゃんの仕事に侵食してきた」ということらしい。
 


旗立深雪 「八桜おひポ東保こ愛誉ウ」
 第344仮想世界の人間。仮想世界の旅の中で自らの存在の真実を知っている。
 本来は現実世界に実存在を持たない電子の魂だけの存在だが、グリモワールを通して現実の異世界の召喚士(三大召喚士の1人)にコンタクトをとり、その召喚士が用意した空っぽの人造人間の肉体に電子の魂"旗立深雪"を召喚してもらうことでデルタ王国のある異世界(過去の第2次界)に現出。その異世界でいくつかの英雄的行動をした後、仮想世界に戻り天使客船との決戦に参加した。
 異世界にいた頃にエデン・リ・プライと知己を得て共に行動しており、2人で神竜の眷属を狩っていた。
 「魔剣二式、アンテノーラの月」などの必殺技を持つ。
 


リヴェド 「八桜おひポ東保こ愛誉
 元妖精王女。虹色の髪を持つ背中から羽の生えた20cm程の少女のような妖精。妖精とは異世界の先史文明における生き残りで妖精界に住んでいるものらしい。時間制限付きで人間サイズになることも出来る。
 魔人ミーロワースや大賢者マァリンほどではないとはいえ伝説級の強さを持つ使い手。アカシックレコードへの干渉波動を感知できる。

 妖精王の娘として、その王妃の卵から生まれた……と思われていたが、実は美しい妖精の国を手に入れようと考えた大魔王(シャルロット・ホーリィの先代)によって妖精の国に送り込まれた大魔王の娘。
 皮肉にも、魔を退けるまじないを込めた、Devilを逆から読んだLivedの名をつけられている。
彼女の周りでは本人の意志とは関係なく不吉な出来事が起こり、最終的には彼女を女性として愛した父の妖精王と王妃が殺し、王妃は自刃するという形で妖精の王国は崩壊した。
 そしてようやく自分の正体を知った彼女は本来の故郷である魔界に帰ったが、魔界ではすでに彼女の父である大魔王はシャルロット・ホーリィによって消滅させられており、シャルロットが新たな大魔王となっていた。
 魔界を追われ、帰るべき場所を二度失い、放浪の人生を送る彼女を、彼女自身は「元・妖精王女」と呼んでいる。

 その後は『がをられ』第1部時はエデン・リ・プライと行動を共にしてあるべき歴史と進むべき人の生き方を食いつぶす神竜の眷属狩りを、『がをられ』第2部時は 『がをられ』第2部では「とある知り合い」に頼まれ魔法少女福祉機構・新事務総長の魔法少女みらくるみん(大司教河くるみ子)とともに行動している。
 また、魔法少女福祉機構のジークリート・キンダーハイムとは「先の魔導大戦」で会っているらしい。
 ちなみに趣味は世界を回って英雄譚を集め語り継ぐこと。

 『WF』では我流(アルカナ)連続剣の14番節制(リヴェド)として名前が登場する。どこが節制なのかはよくわからない。
 


カルペリア・エルン 「桜おひポ東保こ愛誉
 エルン都市卿ロード・エルン
 数万年前に箱船部隊ロード・センチュリオンを率いてSBDを倒した人間。ただし実際は倒したというより自分の能力の肥大化を恐れて「何者かに自分を殺させる運命」を創りだしたSBDがロード・センチュリオンを使って自殺したと言ったほうが正しいようだ。
 SBDを殺したのは救世粗織センチュリオンズだとも言われているが、エルンは救世組織センチュリオンズの一部門である箱船部隊ロード・センチュリオンのリーダーであって救世組織センチュリオンズ全体のリーダーじゃないってことでいいんだろうか。

 で竹井10日先生が読者にまったくわからない理由で一人「うおおお、なにこれすげえ!?」って興奮していた意味が1年3ヶ月経ってようやくわかったぞ。そうか……SBD(の転生体)の颯太とエルン都市卿ってそんな因縁があったのか……。

 『がをられ』公式同人誌掲載の『がをられ』3巻ボツ原稿には平行世界の地球の住人として登場。
 死んだ英雄。旗立颯太と同じく惑星の精霊に選ばれし者達ジオメトリアであるようだ。
 対空迎撃用武装空中都市・エルン13番都市の守護者。旗立颯太と同じ強大な死亡フラグの持ち主で、サクラメントに会い世界の真理に辿りつけと言われたことがある。
 年齢は大学生くらい。近未来的な素材に見える不思議なジャケットを羽織り、サングラスをかけ、片耳に先が十字架の長いチェーンピアスをつけている男。
 全次元最強クラスの武器である黄道器の一つ、通常の拳銃より3回りは大きい巨銃である霊銃・ヨルムンガンドをサクラメントから渡されて持っている。
 人間が邪悪であるが故にとして人類を滅ぼそうとしている天使と戦っているらしい。第5次侵攻軍との戦闘時に敵天使軍旗艦の空中軍艦アンブリエル号を沈めたのを最後に死んだと言われている。
 基本的には本編と設定が共通しているとは思うけどあくまでボツ原稿&仮想世界での出来事だと思うどどこらへんからどこらへんまで設定が生きているのか微妙。

 『八坂』にも名前だけ出てくるが本当に名前だけなので近親婚で生まれたエルン都市同盟の人間である以外よくわからない。
 『WF』では我流(アルカナ)連続剣の20番審判(エルン)として名前が登場する。

ところで、

 の発言にある「久しく暖めてたキャラ」は他の作品にそれらしい該当者がいないためどうもこのカルペリア・エルンのことだったと思われる。(いやまあ『がをられ』3巻以外にも『八坂』キャラが登場するボツ原稿が存在しなければだけど……)
 既存の作品に登場させてるかどうかを忘れるレベルで裏設定貯めこんでるのレベル高すぎるな……。


百寺雛梨 「八桜おポ東保がこ愛誉ウ」
 ガイアの聖女。ガイアの聖騎士。
 『ひまチャき』世界で黒騎士ゼルヴァーン・クレッツベルンと白の魔剣士・鎌倉タケルと共に魔王(仁時一紗香)を倒した英雄。純然たる聖気を放つ人間。
 救世の騎士(有坂未空)に貰ったと言われるナイトオブナイツの証のペンダントを持つ。
 アストラル界の力を取り込む聖騎士化を行いその戦闘能力を数百倍に伸ばす。
 主装備は十二星剣の一つである星剣アンジェリカと大天使ヒカリがその名を冠して作ったヒカリの盾。盾を使ったシールドバッシュを起点とする技の数々を得意とする。
 普通の人間がLv5くらいの強さだとすると百寺雛梨はLv5万くらい。魔王が同じくLv5万。ちなみに黒騎士ゼルヴァーン・クレッツベルンはLv5000万。

 というのは全部『ひまチャき』世界での話なので『東京皇帝』とかと繋がる正史の世界では多分ただの一般人。妹との入れ替わりが起きていないので名前も百寺凛々子。
 


片城沢女 「桜おひポ東保こ愛誉ウ」
 八坂原学院高等部1年生。12剣戦士。
 山風刀夜と片城綾女の娘。ウェーブのかかったロングヘアの小柄な少女。意志の強さを感じさせる凛々しい顔立ちで純白のカチューシャをつけている。
 よくわからない怪しい計画・白夜計画を止めようとしているらしい。
 自らの力を縛るために首と両手両足に拘束具をつけており、全て外すと背中に右3枚、左2枚の翼が生え、額に1本の角が生える。
 翼と角は山風刀夜が聖天使メリアと百鬼王杏角から受け継いだ力であり、沢女はそれを山風刀夜から託されているらしい。
 また天舞騎士ロナード・ブランジメーカーの天舞聖木流も山風刀夜を経由して受け継いでおり奥伝かそれ以上の力を持っているらしい。
 獣神パゼッティーと堕天使みづえの力も受け継いで持っているとか。あと不死で死にたくても死ねないらしい。

 『がをられ』にはどう考えても見た目も性格も別人だけど同姓同名の女子小学生・片城沢女が登場。
 同じくどう考えても見た目も性格も別人だけど『八坂』の登場人物と同姓同名な弥生一二三から意味深な視線を送られているので、さすがになんとなく昔の作品から名前取っただけとかじゃなくて何か意味がある予定だった……んじゃないかなぁ……まあ結局放置されたまま完結してしまったので考えても意味は無いんだが……。
 ちなみに『がをられ』には片城沢女と弥生一二三だけじゃなくて唯菜さんと似た性格の神凪雪音もこれから登場するらしかったんだけど、これもまぁ出てこないまま終わった。
 あと聖帝小路美森会長と志豆機美森も名前が美森で被ってたんだけどこれはまあただの偶然だったんだろう。

 『愛恋』には同姓の片城統吾が主人公として登場。ピピ・エンゲイジと共に世界観のつながりを匂わせるような匂わせないような微妙な雰囲気を出してた……けどこれも結局よくわからないまま完結してしまった。
 『愛恋』世界はどうも『がをられ』世界から二千数百年後の未来の平行世界?が舞台だったようなので、片城沢女の子孫が片城統吾ということもありえるかもしれないが、単にたまたま名字がかぶっただけという気もする。


マインデイク・SS・ゼッターロッシュ 「八桜おひ東保がこ愛誉ウ」
 『ポケロリ』世界の3大導師の一人。誰もが知るポケロリ界の第一人者。その人格と能力の高さから大長老の二つ名を持つ。
 12人のポケロリから成るポケロリチーム『円卓騎士団』を率いている。
 2大エースは聖騎士ポケロリ・エクスカリバーと竜騎士ポケロリ・グングニル。他にも弓道着ポケロリ・与一、エクスカリバーと並んで双璧と謳われる重騎士ポケロリ・イージスなどのポケロリがいる。
 かつては大勇者と言われた鋭気に富んだ人物だったらしいが今は少なくとも表面上はただの隠居爺さん。

 また『保健体育』ではゼッターロッシュ家はイギリスの古い名家、ゼッターロッシュ侯爵家が登場する。よくわからないけど大昔にレモネードから地球に移住したゼッターロッシュ老の子孫の家系とかなのかなぁ。
 ゼッターロッシュ家は七王国時代には強力な魔術師を排出したこともあるらしい家系で、地下書物庫に古代の魔導書を持っているがこの設定が出た話夢オチだったので本当にあるかどうか……。
 七王国時代ってだいたい5~9世紀らしいのでゼッターロッシュ家も相当昔からあることになるんだけど、ポケロリたちが地球へ移住したのも相当大昔(一千数百年前)になるはずなので一応時期だけは合ってなくもないような。


怪蟲ウェポン 「八桜おひポ保がこ愛誉ウ」
 『東京帝国』の世界(第14次界)に存在していた人類の天敵。戦闘力場レベルは一番強い個体でも1万程度。
 原始的な昆虫のようなバージェスモンスターを彷彿とさせる姿を持つ。
 東京帝国や九州生徒会自治区、新潟自治領などの一部国家を除いた地球上の居住可能地域の8割を超える面積にはびこっていた。
 その正体はユーテンシア・フェブラリーの父であるロナルド・フェブラリーと、クィニス・ヤハウェの曽祖父であるアルフォンス・ヤハウェが開発したウェポンウイルスに感染し生物兵器となった元人間。
 近接戦闘型・乙種バルムンクタイプ中距離戦闘型・甲種ロンギヌスタイプ中距離戦闘型グングニルタイプ強行突撃型・甲種エスカリボルグタイプ強行突撃型・乙種ニョルミルタイプ人型怪蟲・男性型メルツェルタイプ人型怪蟲・女性型コッペリアタイプなどの種類がある。
 人型怪蟲の額には乙女銃士隊(ポケロリ)と同じように宝石が付いているが特に両者に関連性はないらしい。
 最終的にはエニグマ一式の局所限定時空崩壊砲により全て消滅させられたり、そもそも怪蟲が生まれてこないように歴史が改竄されたりしてだいたいの歴史で全滅してるような気がする。


怪蟲ウェポンの女王 「八桜おひポ保がこ愛誉ウ」
 八田雪絵がウェポンウイルスにより変化した姿。
 エニグマ一式(全高30m)とほぼ同じ大きさで、大きく開いた4枚の黒い翼と醜く歪んだ3本の足、脇腹から伸びる悪魔のような6本の腕、長く伸びた髪で覆われた毒々しい頭部など、他のどの怪蟲とも全く異なるフォルムを持つ。
 怪蟲で一番強い「戦闘力場レベル1万程度の個体」は多分この怪蟲の女王のことかな?
 必殺技は黒色破壊光線と虹色破壊光線。黒色破壊光線は200TNT換算トン程度の出力を持つらしい。

 『東京皇帝』第1部の西園寺一斗の世界では局所限定時空崩壊砲にエニグマ一式とともに巻き込まれて次元の歪みに呑み込まれた後、その中でエニグマ一式と融合して機動怪蟲エーテルウェポン摩訶Q式エニグマクィーン(エニグマQ式)と呼ばれる魔導生命体になっている。
 


舞姫ゼネット 「八桜おひポ東保がこ愛ウ」
 パラディン新撰組・局長。剣に天性の才能を持つ銀一天戦姫流・皆伝。
 名前的に明らかに銀河大皇国第5星団守護衛士長、剣聖・姫宮ゼネットの関係者なんだけど具体的な関係はまったくわからない。多分転生者かなと思うけど……。
 


銀一天戦姫流 「八桜おひポ東保がこ愛ウ」
 八坂天剣や龍鳳無双流と並び称される無敵の剣術。
 流星返し、奥義「乙女座一等剣・Spica」、奥義「牡牛座散開剣・すばるプレアデス」、奥義「蠍座変光剣・Antares」などの技を持つ。

 龍鳳無双流は上は藍屋凰之進から下はゆかり子さんまでかなり幅があるし、八坂天剣は巴御劔の流派なのは強そうなんだけど使ってるの『八坂』版だけで聖騎士王になるとセンティア流しか使わなくなるしで「八坂天剣や龍鳳無双流と並び称される」の具体的な凄さがまったくわからない流派だ。
 あと奥義の名前が星座なあたり十二星剣とか黄道器とかに関係ありそうなような……そうでもないような……。
 


龍鳳無双流 「八桜おひポ保がこ愛ウ」
 藍屋凰之進の作り出した剣術の流派。「奥義・龍之咆吼」「秘技・鎌鼬」「秘技・虎円閃」などの技を持つ。
 一門を継ぐものには「登龍斎」の称号が与えられ、『東京皇帝』時の登龍斎は16代目登龍斎の東小路ゆかり子。名字が初代登龍斎である藍屋凰之進から変化しているのは、5代目登龍斎であった藍屋薫が東小路家に嫁いだため。
 宝刀として特殊な魔力を帯びた刀・龍鳳丸が伝わっている。

 同一人物かは不明だがデルタ聖騎士団には開祖である初代登龍斎・藍屋凰之進と同名の騎士が在籍している……というか多分本人なんだけど、その関係か登龍斎のうち何人かは聖騎士王と手合わせしたことがあるらしい。
 


我流アルカナ 「八桜おひポ東保がこ愛誉
 アーティス・アタラクシアの使用する剣技。アーティスの天賦の才によってのみ放つことが出来る。
 魔法戦争時代に存在したの最高の剣の使い手、魔導騎士グラン・バッセをもってしてさえ理論上も直感的にも理解しがたく習得不可能と言わしめた。
 我流7番剣・戦車The Chariot……第4号『IV号駆逐戦車』、我流4番剣・皇帝The Emperor……第5号『五稜郭』
 我流7番剣・戦車The Chariot……第26号『M26重戦車パーシング
 我流12番剣・吊された男The Hanged Man……第100号『百舌鳥落とし』
 我流17番剣・The Star……第104号『ソンブレロ銀河M104
 我流15番剣・悪魔The Devil……第666号『獣の数字666
 我流10番剣・運命の輪Wheel of Fortune……第777号『777ジャックポット
 我流0番から21番……連撃剣・0番愚者オミ1番魔術師マァリン2番女教皇ファリア3番女帝レンガ4番皇帝ギルガメス5番教皇マーヘリオン6番恋人コヒメ7番戦車ゼルヴァーン8番力センチネル9番隠者タケヒコ10番運命の輪カズト11番正義ヒルベルト12番吊された男リク13番死神エデン14番節制リヴェド15番悪魔シャルロット16番塔フロスト17番星SBD18番月タリアス19番太陽ナーシア20番審判エルン21番世界サクラメント
 などの技を持つ。

 連撃剣の元ネタは
0番愚者オミ→『秋桜の空に』主人公で一般人の新沢靖臣
1番魔術師マァリン→聖デルタ王国アヴァロン魔導師団長のマァリン
2番女教皇ファリア→『ポケロリ』サブヒロインで聖騎士王の腹心ファリア・ファス
3番女帝レンガ→『東京皇帝☆北条恋歌』ヒロインの北条恋歌
4番皇帝ギルガメス→『八坂』主人公他色々出てる聖騎士王・巴御剱(ギルガメス・センティア)
5番教皇マーヘリオン→初出
6番恋人コヒメ→『愛恋』メインヒロインで一般人の恋ヶ窪恋姫
7番戦車ゼルヴァーン『ひまチャき』主人公の黒騎士ゼルヴァーン・クレッツベルン
8番力センチネル→初出
9番隠者タケヒコ→『秋桜』のサブキャラで冥界軍副司令の真田武彦
10番運命の輪カズト→『東京皇帝☆北条恋歌』主人公の西園寺一斗
11番正義ヒルベルト→絶対存在(多分)で真王の御神楽・ヒルベルト
12番吊された男リク→『もうすぐ死ぬひと』主人公で一般人の小湊陸
13番死神エデン→旧世界の八英雄、『運命狩り』のエデン・リ・プライ
14番節制リヴェド→妖精王女リヴェド
15番悪魔シャルロット→旧世界の八英雄、大魔王シャルロット・ホーリィ
16番塔フロスト→聖デルタ王国デルタ聖騎士団長の璃貴フロスト・ホワイト
17番星SBD→『がをられ』主人公の颯太・ブレードフィールド・ドラゴン
18番月タリアス→天界16騎士団白鳳騎士団団長のタリアス・ジョア
19番太陽ナーシア→天界16騎士団紅凰騎士団団長のナーシア・ファグナル
20番審判エルン→エルン都市卿カルペリア・エルン
21番世界サクラメント→量子コンピュータ『グリモワール』が生み出した人格サクラメント
 ……のはず。見どころは初出(多分)のマーヘリオンとセンチネルか。
 アーティスなんでこんな名前知ってんの?って部分にはちゃんと設定とかあるんだろうか……考えても無駄なような気もする。

 あと新沢靖臣とか小湊陸みたいな「作品的にはメインキャラだけど世界観全体で見ると木っ端みたいなキャラ」と、エデンとかフロストみたいな「世界観的にはそれなりに重要ポジションなんだろうけど作品的にはただの脇役なキャラ」がごちゃ混ぜでこれ誰目線なんだよってところが気になる。
 ゼルヴァーンとかSBDみたいな作品的にも世界観的にもメイン感バリバリなキャラもいるけど、タリアスとかナーシアとかリヴェドとかは「君世界観的にもそんな重要キャラじゃなくない?」って感じだし……。

 もしかしたら靖臣とか小湊とかに厨二パワー持たせたり、逆にタリアスとかをメインキャラとして作品作る構想でもあったりするのかもしれないけど。
 特に御神楽・ヒルベルトなんかは『誉め神』主人公の御神楽零との関係が怪しいし、タリアスとナーシアとエデンの三角関係あたり裏設定としてこいつらメインにした物語が用意してあるんだろうなって感じがある気もする。

 ところで靖臣がなぜか1人だけあだ名でオミ呼びなのは笑うところでいいんだろうか……。
 あとこれはさすがにクロスオーバーの仕方が雑すぎではなかろうか……。


 


力場 「ひポこ愛誉ウ」
 生命体の発する生命力、戦闘力、魔力といったものを包括した波動。
 異能力者が人智を超えた不可解な現象を起こす際の力の源。力場を利用した異能力としては例えば短距離空間跳躍などが可能。
 普通の人間が感知できるものではなく、修行を積んだ高位の使い手のみが感じることが出来るもの。しかし旗立深雪やエデン・リ・プライなどの常軌を逸したレベルの力場は一般人でも目に見えない力を圧として感じられる。
 また聖騎士王・巴御劔や七剣神クラスになると物理法則と魔力法則を改変され力を根源ごと封じられた状態でも法則を超える非常識な力場を発生させることで力を無理やり引き出せるらしい。
 あとよくわからんが力場を反転させてマイナスの力場にしたりもできるらしい。
 怪蟲は一番強い個体でも戦闘力場レベル1万程度。
 デルタ聖騎士の平均戦闘力場レベルは素の状態でも50億あり、そこから更に1回毎に力場レベルが数桁上がる上位戦闘力開放を使えるので怪蟲とかマジ雑魚。


力場封環 「八桜おひポ東保こ愛誉ウ」
 超高位の術者により魔法を込められた魔導具(マジックアイテム)。付けられたものの超常的な力を封印する首輪。
 生きた蛇のように這い、対象に絡みつく。
 特に説明はないが名前的になんか力場をどうこうするんだろう。
 


クラスチェンジ 「八桜お保がこ愛誉ウ」
 アストラル界の力を取り込むことで戦闘能力を数百倍にし戦闘力場レベルを数桁上げる変身技。上位戦闘力開放クラスチェンジとも呼ばれる。
 1つの系統の技能を極めた者が体得できる秘術だが、相当の天賦の才か常識では考えられないほどの研鑽があれば2つの系統に跨って会得し複数職クラスチェンジを行うことも可能。
 人間を超えるための技であり『ひまチャき』時の有坂未空には不可能なものだが、デルタ聖騎士団においては1段階目のクラスチェンジなどは児戯に等しいらしい。
 本来はクラスチェンジ自体普通の人間でなくとも到達不可能な戦闘力の領域だが、1段階のクラスチェンジを行ったそこら辺の人間よりもホムンクルス部隊ペイン・ドラゴンズのほうが高い戦果をあげられるとか。
 通常は第3段階が限界であるクラスチェンジだが、聖騎士王は例外的に第4段階クラスチェンジが可能。

 現在登場しているクラスチェンジは、聖騎士としての技能を極めて体得したと思われるゼルヴァーン・クレッツベルン、百寺雛梨、ジェルトロ・フルテッド、聖騎士王による第1段階クラスチェンジ聖騎士化クラスチェンジと、聖騎士としての技能と盗賊系の技能を極めて体得したと思われるジェルトロ・フルテッドの第2段階クラスチェンジ白波化ダブル・クラスチェンジ、聖騎士王の第2段階クラスチェンジ聖魔騎士化、聖騎士王の第4段階クラスチェンジ聖帝化。
 ゼルヴァーン・クレッツベルンは聖騎士化した後に「あと2回のクラスチェンジを残している」と言っているので3系統の職種を極めて通常の限界である第3段階クラスチェンジまでできるっぽい。
 東雲十狼佐は趣味・特技・資格欄にクラスチェンジって書いてるので種別はわからないけど多分何かクラスチェンジできる。




 


中京あられ 「八桜おひポ東こ愛誉ウ」
 『ひまチャき』世界では一ツ坂にある未だに手作りの味にこだわる全国区のあられ店。皇室やイギリス王家で御用達らしい。また中京あられのお嬢さんは本当にお嬢様という感じの素敵な人間だとか。
 『東京皇帝』世界では皇室御用達のざらめあられを作っている会社。西園寺一斗の祖父が東京支社に品質管理課長として務めていた。万年課長だろうと万年平社員だろうと会社の仲間を覚えていない人間は社内にはいないらしい。
 『がをられ』世界では召喚寺菊乃の父と祖父が勤務している会社。旗ヶ谷学園内の商店街「はたはたロード」には片城沢女の家が旗ヶ谷学園店を出している。
 『ポケロリ』世界では惑星レモネードにあった株式会社。現在は雛祭食品株式会社と名前を変えている創業から250年を超える老舗。


学園グループ
 名門・風見家の数大前の当主が私財を投げ打って創設した一大学園グループ。
 真っ当な経営をすれば黒字となるはずだが、当主の風見烈一郎が他の系列会社と異なり学生のためとあれば湯水のように私財を投じ続けたため風見烈一郎個人の収支で言えば慢性的な赤字経営になっている。
 グループだと明言されてるのは一つ坂大学(と一つ坂学園)だけだがまあ名前的に奈々坂学園と八坂原学院も入るだろ多分。

・一つ坂学園 「八桜おポ東がこ愛誉ウ」
 駅から伸びる長い坂のてっぺんに立つ高校。
 『ひまチャき』時の理事長は風見理事長(猫大帝)。
 『ひまチャき』時の校長は江ノ尾忠介の父、江ノ尾丈之介。一つ坂女子学園の学園長と不倫してる『保健体育』時の校長とは別人なんだろうか……。
 主な生徒は『ひまチャき』のメインキャラたちと『保健体育』の姫武静姫、似鳥翠蓮、荘川乙海、勅使河原朋萌。
 海上唯菜、海上貴広、姫武静姫の3人が歴代3大頭のおかしい問題児らしい。
 姉妹校に一つ坂女子学園があり、元々は隣の市にあったが『保健体育』の前年にコスト削減のために本校の隣へ移転した。
 
・一つ坂大学(一ツ坂大学) 「八桜おひポ東保がこ愛誉ウ」
 多くの優秀な人材を輩出し、地方都市にありながら近隣のみならず全国から一目置かれる大学。
 主な学生は『おねきゅー』のメインキャラたちと『秋桜』の小泉ひよりなど。あと多分奈々坂学園卒業後の新沢靖臣と桜橋涼香も通ってる気がする。教授には風見甚三郎がいる。

・奈々坂学園 「八ポ東がこ愛誉ウ」
 尋常では無いほど坂が多い町、奈々坂の坂のてっぺんに立つ高校。
 主な生徒は『秋桜』のメインキャラたちと『保健体育』の山本深緑、『おねきゅー』の有坂未空と春崎七夏など。教師には鎌倉タケルと鎌倉夢子の祖母、鎌倉美代がいる。

・八坂原学院 「八桜おひポ東がこ愛誉ウ」
 山の中腹に立つ私立の名門校。初等部中等部は非常に個性的なカリキュラムをモットーとしているが高等部からはガチガチの新学校教育にシフトするらしい。
 主な生徒は『八坂』のメインキャラたちが高等部と中等部に、『奈々坂』の練馬かすがが高等部に、『保健体育』の小学生組が小等部にいる。 あと佐久間晴姫は中等部の頃はこの学院にいたらしい。(ただし同学年の練馬かすがとの面識はなし)
 教師として近衛科良と秋山聖がいた他、近衛八朔が『八坂』ではこの学院の学長を、『保健体育』では副学長をやっている。
 初等部の制服はブレザー風のよくわかんない服。
 中等部の制服はブレザー。
 高等部の制服は『八坂』時はセーラー服だったが『秋桜』時は和服。これのせいで『秋桜』と『八坂』の時系列がよくわかんないぞ。


皇泉学園 「八桜おひポ保がこ愛誉ウ」
 東京にある学校。
 『東京皇帝』ではメインキャラたちが高等部に通っており、中等部には宇堂九十九と社燕がいる。
 また『愛恋』には皇泉学院が登場、小等部に子日花鈴が通っている。


英正東秀高校 「桜おひポ東保こ愛誉ウ」
 群を抜いて偏差値が高いという超進学校。卒業生の半分は有名大学に進学し、残りの半分は外国の大学に進学するらしい。
 『八坂』では巴御劔と神凪雪音が通っていたが2人とも後に八坂原学院に転校した。
 『がをられ』第2部では旗立颯太が入学試験に合格していたが入学直後の4月半ば過ぎに旗ヶ谷学園に転校した。


野々宮家
 結構な名家らしい。日本で名家旧家といえば八坂原機関だが……。
 鏡丘音々子の義理の母親も元々野々宮家のお嬢様だったっぽい。

・野々宮美波 「桜おひポ東保がこ愛誉ウ」
 八坂原学園中等部3年生で生徒会副会長。野々宮家本家の人間らしい。野々宮美影の従妹。母の名前は野々宮那波。
 キャラ絵ではコウモリを連れていたので多分空の野々宮家令嬢。小説中には一度もコウモリ出てこないけど。

・野々宮千波 「八桜おひポ東保がこ愛誉ウ」
 野々宮美波の従姉。八坂原学院で初等部の昭和の妖怪として恐れられているらしい。

・野々宮美影 「八おひポ東保がこ愛誉ウ」
 奈々坂学園2年生。野々宮美波と野々宮美駿の従姉妹。
 頭に常に猿を載せている陸の野々宮家令嬢。

・野々宮美駿 「八桜おポ東がこ愛誉ウ」
 一ツ坂学園2年生。野々宮美影と野々宮美子の従姉妹。解説の野々宮さん。なんかびらびら。
 頭に常にイルカの入った金魚鉢を載せている海の野々宮家令嬢。
 権田原天とはオフではミファ・ソラと呼び合っているらしい。
 一ツ坂学園卒業後はローカル地域情報エンターテイメント番組「坂っちゃえ!」に解説者として出演している。
 
・野々宮美子 「八桜おひポ東保こ愛誉ウ」
 旗ヶ谷学園2年生。野々宮美駿の従姉妹。髪型はウェービーセミロング。解説の野々宮さん。
 


権田原家
 一ツ坂土着の家系。一ツ坂学園の裏山は正式名称を権下山といい、500年ほど前に権田原家が頂上に住んでいた事から権田原の下の山として名付けられたらしい。

・権田原疾風 「八桜ひポ東保がこ愛誉ウ」
 一ツ坂大学の学生。権田原天の従兄。
 鬼傑覇道柔術の柔術家で立ち絵では常にその柔術の極意、鬼然の構えを取っている。鬼傑覇道柔術って名前的に鬼傑十六覇とすげえ関係ありそう。
 有坂未空や鎌倉タケルに比べると弱そうだが修行を積んだ高位の使い手のみが感じることができるという力場を感じることができているあたり一般人に比べれば相当強そう。

・権田原天 「八桜おポ東がこ愛誉ウ」
 一ツ坂学園2年生。権田原疾風の従妹で権田原風の従姉妹。実況の権田原さん。生えてない。
 母親は柔術の有段者。柔術としか言われてないが鬼傑覇道柔術のことかもしれない。
 権田原天とはオフではミファ・ソラと呼び合っているらしい。
 一つ坂学園卒業後はローカル地域情報エンターテイメント番組「坂っちゃえ!」にリポーターとして出演している。

・権田原風 「八桜おひポ東保こ愛誉ウ」
 旗ヶ谷学園2年生。権田原天の従姉妹。髪型はおかっぱ。実況の権田原さん。

・権田原光 「八桜おひポ東保がこ愛誉
 ウィザードフォーミュラの実況担当。今までの実況の権田原さんと違って解説の野々宮さんとコンビを組んでいない。


志豆機家
 かつては百万石の殿様だった名家らしい。あと鬼の末裔らしい。

・志豆機静真 「桜おひポ東保がこ愛誉ウ」
 志豆機美森の母。鬼に取り殺されたらしい。

・志豆機美森 「桜おひポ東保がこ愛誉ウ」
 八坂原学院高等部3年生。志豆機静真の娘。切れ長の鋭い目をしたセミロングの髪の少女。程良く隆起した胸を持つ。
 12剣戦士の1人で、『鬼』の力を使う。この人の家が鬼の末裔らしい。 
 聖帝小路美森と名前が同じだけどたまたま……なのかな……わからん……。

・志豆機環 「八桜おポ東保がこ愛誉ウ」
 一ツ坂学園2年生。クラス委員長。この人の家がかつては百万国の殿様だった名家らしい。

・志豆機 「八桜おひポ保がこ愛誉ウ」
 筑紫島学院高等部1年生。ツリ目で眼鏡の風紀委員長。志豆機女史。


南徳原家
 南条家の分家。南条の眷属。
 門前早苗や巴御劔などのこの家系の人間を「徳ちゃん」と呼ぶ人間はいつだって彼ら彼女らに優しいらしい。

・南徳原千樹 「桜おひポ保がこ愛誉ウ」
 南徳原家の当主。大山上神の剣術の師匠。南徳原三千樹は孫。南徳原来珠は子孫。
 少女時代は南徳原来珠とよく似た容姿の勝ち気で素直でない性格だったらしい。
 南条夢乃のことを姉様と呼び慕っており、南徳原家歴代当主の中で最も南条夢乃に懐いていた。
 また聖騎士王・巴御劔からも徳ちゃんと呼ばれて可愛がられていたらしい。

・南徳原三千樹 「桜おひポ東保がこ愛誉ウ」
 八坂原学院高等部2年生。南徳原千樹の孫。声が大きい三つ編みの少女。
 後に異世界に飛ばされシャイアやレインセルと邂逅する事になるらしいが、いや、それ、大山上神の間違いじゃなくて? この子も飛ばされるの?

・南徳原九千樹 「八桜おひポ保がこ愛誉ウ」
 南徳原来珠の祖母。
 名前的になんか南徳原三千樹の6代後の南徳原家当主とかな気がする。

・南徳原来珠 「八桜おひポ保がこ愛誉ウ」
 皇泉学園高等部1年生。東京帝国第2代宰相。南徳原九千樹の孫。
 この頃の南徳原家は南条家から少し距離を置いているらしい。




関連記事
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (聖デルタ王国)
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (魔界・神界・天界・冥界)
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (絶対存在・旧世界の八英雄)
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (八坂原機関)
竹井10日作品 中2設定用語辞典 (七徳院・ブレードフィールド公国)

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ MS戦闘シーンまとめ

灰背景は戦闘なし回

登場回数


第1話
クーデリアを狙いに来たギャラルホルン vs CGS

CGS
バルバトス第1形態
ガンダムバルバトス第1形態
使用武装:メイス
パイロット:三日月・オーガス


ギャラルホルン
グレイズ指揮官機
グレイズ指揮官機
使用武装:バトルアックス、ライフル
パイロット:オーリス・ステンジャ
備考:ブースター位置は地上用

グレイズ
グレイズ
使用武装:地上用ブースター、バトルアックス
パイロット:クランク・ゼント
備考:ブースター位置は地上用。

グレイズ
グレイズ
使用武装:地上用ブースター、バトルアックス、ライフル
パイロット:アイン・ダルトン
備考:ブースター位置は地上用




第2話
第1話の続きでCGS vs ギャラルホルン

CGS
バルバトス第1形態
ガンダムバルバトス第1形態
使用武装:メイス
パイロット:三日月・オーガス



ギャラルホルン
グレイズ指揮官機
グレイズ指揮官機
使用武装:バトルアックス、ライフル
パイロット:オーリス・ステンジャ
備考:ブースター位置は地上用

グレイズ
グレイズ
使用武装:バトルアックス
パイロット:クランク・ゼント
備考:ブースター位置は地上用

グレイズ
グレイズ
使用武装:バトルアックス、ライフル
パイロット:アイン・ダルトン
備考:ブースター位置は地上用




第3話
三日月とクランク二尉の決闘

鉄華団
バルバトス第1形態(グレイズ肩)
ガンダムバルバトス第1形態(左肩グレイズ)
使用武装:メイス
パイロット:三日月・オーガス




ギャラルホルン
グレイズ(赤い布)
グレイズ(赤い布)
使用武装:バトルアックス、シールド
パイロット:クランク・ゼント
備考:ブースター位置は地上用




第4話
戦闘なし


第5話
火星軌道上で鉄華団 vs ギャラルホルン
設定上はこの戦闘にはバズーカ装備グレイズが出てて鉄華団がそいつ倒してバズーカ回収するって流れがあるはずなんだけど画面上には全く出てこない。
シュヴァルベ・グレイズのマクギリス機とガエリオ機の出番はこの5話だけ。ガエリオ機は武器持ち替えてアイン機になってあと2回戦闘するけど。
あと緑グレイズが出てくるのもこの5話が最後。しかもこの回のアイン機はブースター塗装しないとプラモじゃ再現できないぞ。
25話ラストに出てくる火星メイスは多分この戦闘のもの。

鉄華団
バルバトス第2形態
ガンダムバルバトス第2形態
使用武装:滑空砲→滑空砲、メイス→メイス
パイロット:三日月・オーガス
備考:グレイズ改にメイスをもらったあと滑空砲はグレイズ改に渡す。メイスは最後ガエリオシュヴァルベに投げ捨て。敵からパクったグレイズ斧も途中何度か使う。




グレイズ改
グレイズ改
使用武装:メイス、ライフル→滑空砲
パイロット:昭弘・アルトランド
備考:メイスはすぐバルバトスに投げ渡す。ライフルも1回撃ったらすぐ捨ててバルバトスからもらった滑空砲に持ち替え。

ギャラルホルン
シュヴァルベ・グレイズ マクギリス機
シュヴァルベ・グレイズ マクギリス機
使用武装:ライフル
パイロット:マクギリス・ファリド

シュヴァルベ・グレイズ ガエリオ機
シュヴァルベ・グレイズ ガエリオ機
使用武装:ショートライフル+ランスユニット、ワイヤークロー
パイロット:ガエリオ・ボードウィン

グレイズ アーレス所属機
グレイズ アーレス所属機 指揮官機
使用武装:ライフル、バトルアックス
パイロット:コーラル・コンラッド

グレイズ アーレス所属機
グレイズ アーレス所属機
使用武装:ライフル、バトルアックス

グレイズ宇宙用 アイン機
グレイズ
使用武装:ライフル、バトルアックス
パイロット:アイン・ダルトン
備考:緑グレイズに紺の宇宙用ブースター




第6話
戦闘なし


第7話
マルバに頼まれたタービンズ vs 鉄華団

鉄華団
バルバトス第3形態
ガンダムバルバトス第3形態
使用武装:滑空砲、メイス、ワイヤークロー
パイロット:三日月・オーガス

グレイズ改(バズーカ)
グレイズ改
使用武装:左肩バズーカ、ライフル、バトルアックス
パイロット:昭弘・アルトランド
備考:ギャラルホルンのバズーカ装備グレイズと違って右肩はそのまま。




タービンズ
百里
百里
使用武装:110mmライフル×2、シールドナックル
パイロット:ラフタ・フランクランド

百錬 アジー機
百錬 アジー機
使用武装:ライフルカノン、片刃式ブレード
パイロット:アジー・グルミン

百錬 アミダ機
百錬 アミダ機
使用武装:ライフルカノン、片刃式ブレード
パイロット:アミダ・アルカ




第8話
戦闘なし


第9話
戦闘なし


第10話
哨戒中の昭弘vsブルワーズ→三日月が増援

鉄華団
バルバトス第4形態
ガンダムバルバトス第4形態
使用武装:滑空砲、太刀(柄なし)
パイロット:三日月・オーガス

グレイズ改
グレイズ改
使用武装:ライフル
パイロット:昭弘・アルトランド




ブルワーズ
マン・ロディ
マン・ロディ
使用武装:サブマシンガン、ハンマーチョッパー
パイロット:ビトー、ペドロ、アストン




第11話
前回の続きから鉄華団vsブルワーズ
HGバルバトスについてきた柄のない太刀は今回で出番終了なので実質10話11話の戦闘1回で退場だ。

鉄華団
バルバトス第4形態
ガンダムバルバトス第4形態
使用武装:滑空砲、太刀(柄なし)
パイロット:三日月・オーガス

グレイズ改
グレイズ改
使用武装:ライフル
パイロット:昭弘・アルトランド

クタン参型
クタン参型
パイロット:ナディ・雪之丞・カッサパ




タービンズ
百里
百里
使用武装:110mmライフル×2
パイロット:ラフタ・フランクランド

百錬 アジー機
百錬 アジー機
使用武装:片刃式ブレード
パイロット:アジー・グルミン



ブルワーズ
グシオン
ガンダムグシオン
使用武装:グシオンハンマー、サブマシンガン
パイロット:クダル・カデル

マン・ロディ
マン・ロディ
使用武装:サブマシンガン、ハンマーチョッパー、手榴弾
パイロット:ビトー、ペドロ、アストン、昌弘・アルトランド、デルマ




第12話
鉄華団&タービンズ vs ブルワーズ

鉄華団
バルバトス第4形態
ガンダムバルバトス第4形態
使用武装:メイス、太刀→太刀
パイロット:三日月・オーガス
備考:メイスはマン・ロディ落とした後放棄。

グレイズ改
グレイズ改
使用武装:ライフル
パイロット:昭弘・アルトランド

クタン参型
クタン参型




タービンズ
百里
百里
使用武装:110mmライフル×2
パイロット:ラフタ・フランクランド

百錬 アジー機
百錬 アジー機
使用武装:ライフルカノン、片刃式ブレード
パイロット:アジー・グルミン

百錬 アミダ機
百錬 アミダ機
使用武装:グレネードランチャー、片刃式ブレード
パイロット:アミダ・アルカ




ブルワーズ
グシオン
ガンダムグシオン
使用武装:グシオンハンマー、バスターアンカー、手榴弾
パイロット:クダル・カデル

マン・ロディ
マン・ロディ
使用武装:サブマシンガン、ハンマーチョッパー
パイロット:昌弘・アルトランド、ビドー、アストン




第13話
前回の続きで鉄華団&タービンズ vs ブルワーズ
グシオン、グレイズ改、百里、百錬、マン・ロディは今回が戦闘ラスト。

鉄華団
バルバトス第4形態
ガンダムバルバトス第4形態
使用武装:太刀
パイロット:三日月・オーガス

グレイズ改
グレイズ改
使用武装:
パイロット:昭弘・アルトランド




タービンズ
百里
百里
使用武装:110mmライフル×2
パイロット:ラフタ・フランクランド

百錬 アジー機
百錬 アジー機
使用武装:ライフルカノン、片刃式ブレード
パイロット:アジー・グルミン



ブルワーズ
グシオン
ガンダムグシオン
使用武装:グシオンハンマー、バルカン、バスターアンカー
パイロット:クダル・カデル

マン・ロディ
マン・ロディ
使用武装:サブマシンガン、ハンマーチョッパー




第14話
戦闘なし


第15話
戦闘なし


第16話
戦闘なし

ギャラルホルン
アリアンロッドグレイズ隊長機
グレイズアリアンロッド所属機指揮官機
使用武装:ライフル
備考:戦闘しない

アリアンロッドグレイズ
グレイズアリアンロッド所属機
使用武装:ライフル
備考:戦闘しない




第17話
ドルトコロニー脱出のために鉄華団 vs ギャラルホルン
キマリス初登場……というかブースター無しで戦闘するのはこの17話だけ。

鉄華団
バルバトス第4形態
ガンダムバルバトス第4形態
使用武装:滑空砲、メイス→メイス→ロングレンジライフル
パイロット:三日月・オーガス
備考:キマリス戦で滑空砲とメイスを消費した後増援に来たリベイクからライフルを借りる。

グシオンリベイク
ガンダムグシオンリベイク
使用武装:シールド、ロングレンジライフル→シールド、グシオンリベイクハルバート
パイロット:昭弘・アルトランド
備考:ロングレンジライフルは3回くらい撃ったあとバルバトスに渡して後は近接戦。

流星号
流星号
使用武装:バトルアックス、ライフル
パイロット:ノルバ・シノ

クタン参型
パイロット:ナディ・雪之丞・カッサパ




ギャラルホルン
キマリス
ガンダムキマリス
使用武装:グングニール、スラッシュディスク
パイロット:ガエリオ・ボードウィン

シュヴァルベ・グレイズ アイン機
シュヴァルベ・グレイズ アイン機
使用武装:ライフル
パイロット:アイン・ダルトン

グレイズ宇宙用(バズーカ装備)
グレイズ宇宙用
使用武装:バズーカ

グレイズ宇宙用
グレイズ宇宙用
使用武装:ライフル、バトルアックス




ドルト組合
スピナ・ロディ
スピナ・ロディ
使用武装:ライフル、ハンマー




第18話
戦闘なし

鉄華団
バルバトス第4形態
ガンダムバルバトス第4形態
使用武装:ロングレンジライフル
パイロット:三日月・オーガス

グシオンリベイク
ガンダムグシオンリベイク
使用武装:シールド、グシオンリベイクハルバート
パイロット:昭弘・アルトランド

流星号
流星号
使用武装:バトルアックス、ライフル
パイロット:ノルバ・シノ




ギャラルホルン
アリアンロッドグレイズ隊長機
グレイズアリアンロッド所属機隊長機
使用武装:ライフル

アリアンロッドグレイズ
グレイズアリアンロッド所属機
使用武装:ライフル




第19話
大気圏突入のために鉄華団 vs ギャラルホルン
キマリスが登場2話目(ブースター装備状態では1話目)にして出番終了。
シュヴァルベ・グレイズ アイン機も戦闘2回目で出番終了だけどガエリオ機も含めれば通算3回。
クタン参型はプラモオリジナルの合体はまあともかくとしても滑空砲つけないまま退場。
バルバトスのメイスも戦闘で使われるのはこの19話が最後だけど25話に出るといえば出る。
グリムゲルデのヴァルキュリアライフルは今回出てきたと思ったら即捨てられる上に最終決戦では持ってきてすらいないので画面に写ってる時間1秒くらい。でもグレイズリッター2機落としてるから活躍してるといえばしてるぞ。

鉄華団
バルバトス第5形態
ガンダムバルバトス第5形態
使用武装:メイス、滑空砲、太刀
パイロット:三日月・オーガス

バルバトス第5形態(胸アーマーなし)
ガンダムバルバトス第5形態(胸部装甲なし)
使用武装:メイス、滑空砲、太刀→滑空砲、太刀、追撃砲
パイロット:三日月・オーガス
備考:グングニール投げ

グシオンリベイク
ガンダムグシオンリベイク
使用武装:ロングレンジライフル、グシオンリベイクハルバート
パイロット:昭弘・アルトランド

流星号
流星号
使用武装:バトルアックス、ライフル
パイロット:ノルバ・シノ
備考:クタン参型搭載

クタン参型
クタン参型
パイロット:ノルバ・シノ

漏影
漏影
使用武装:ショートライフル、ヘビークラブ
パイロット:アジー・グルミン、ラフタ・フランクランド




ギャラルホルン
キマリス ブースター装備
ガンダムキマリス ブースター装備
使用武装:グングニール
パイロット:ガエリオ・ボードウィン

シュヴァルベ・グレイズ アイン機
シュヴァルベ・グレイズ アイン機
使用武装:ライフル
パイロット:アイン・ダルトン

グレイズ宇宙用(バズーカ装備)
グレイズ宇宙用
使用武装:バズーカ

グレイズ宇宙用
グレイズ宇宙用
使用武装:ライフル、バトルアックス

グレイズリッター
グレイズリッター 宇宙用
使用武装:ナイトソード、ライフル
備考:みんなナイトソードしか持ってないのになぜかライフル持ってる人が1人だけいる。




マクギリス
グリムゲルデ
グリムゲルデ
使用武装:ヴァルキュリアライフル→ヴァルキュリアブレード×2
パイロット:マクギリス・ファリド
備考:ヴァルキュリアライフルは2回撃っただけで投げ捨ててそのあとは剣で格闘戦。




第20話
戦闘なし


第21話
蒔苗を連れて島から脱出するためにギャラルホルンと戦闘

鉄華団
バルバトス第5形態地上戦仕様
ガンダムバルバトス第5形態地上戦仕様
使用武装:レンチメイス、追撃砲
パイロット:三日月・オーガス

グシオンリベイク
ガンダムグシオンリベイク
使用武装:滑空砲×2→グシオンリベイクハルバート(ショート)、隠し腕
パイロット:昭弘・アルトランド

流星号
流星号
使用武装:ライフル×2、バトルアックス→ライフル、バトルアックス→バトルアックス
パイロット:ノルバ・シノ

漏影
漏影
使用武装、ショートライフル、ヘビークラブ
パイロット:アジー・グルミン、ラフタ・フランクランド



ギャラルホルン
グレイズリッター地上戦仕様指揮官機
グレイズリッター 地上戦仕様 指揮官機
使用武装:ナイトソード
パイロット:カルタ・イシュー

グレイズリッター地上戦仕様
グレイズリッター 地上戦仕様
使用武装:ライフル、ナイトソード

グレイズ地上戦仕様(ブースター)
グレイズ地上戦仕様
使用武装:ライフル、バトルソード、地上用ブースターユニット




第22話
戦闘なし


第23話
カルタ vs 三日月で決闘(?)

鉄華団
バルバトス第6形態(胸アーマーなし)
ガンダムバルバトス第6形態(胸アーマーなし)
使用武装:レンチメイス
パイロット:三日月・オーガス




ギャラルホルン
キマリストルーパー
ガンダムキマリストルーパー
使用武装:デストロイヤー・ランス、キマリスシールド
パイロット:ガエリオ・ボードウィン

グレイズリッター地上戦仕様指揮官機(赤い布)
グレイズリッター地上戦仕様指揮官機(赤い布)
使用武装:ナイトソード
パイロット:カルタ・イシュー

グレイズリッター地上戦仕様
グレイズリッター地上戦仕様
使用武装:ナイトソード




第24話
最終決戦

鉄華団
バルバトス第6形態
ガンダムバルバトス第6形態
使用武装:レンチメイス、太刀
パイロット:三日月・オーガス

グシオンリベイク
ガンダムグシオンリベイク
使用武装:シールド、グシオンリベイクハルバート
パイロット:昭弘・アルトランド

流星号
流星号
使用武装:バトルアックス
パイロット:ノルバ・シノ

漏影
漏影
使用武装:アサルトライフル、ヘビークラブ
パイロット:ラフタ・フランクランド

漏影
漏影
使用武装:グレネードランチャー、ヘビークラブ
パイロット:アジー・グルミン




ギャラルホルン
グレイズアイン
グレイズアイン
使用武装:専用大型アックス×2、肩部格納式機関銃、ドリルキック、パイルバンカー
パイロット:アイン・ダルトン

キマリストルーパー
ガンダムキマリストルーパー
使用武装:デストロイヤー・ランス、キマリスシールド、キマリスサーベル
パイロット:ガエリオ・ボードウィン

グレイズ地上戦仕様指揮官機
グレイズ地上戦仕様指揮官機
使用武装:ライフル、シールド
パイロット:コーリス・ステンジャ

グレイズ地上戦仕様
グレイズ地上戦仕様
使用武装:ライフル、シールド、バトルアックス




マクギリス
グリムゲルデ
グリムゲルデ
使用武装:ヴァルキュリアブレード×2
パイロット:マクギリス・ファリド




第25話
最終決戦

鉄華団
バルバトス第6形態
ガンダムバルバトス第6形態
使用武装:レンチメイス、太刀
パイロット:三日月・オーガス

グシオンリベイク
ガンダムグシオンリベイク
使用武装:グシオンリベイクハルバート(グシオンチョッパー)
パイロット:昭弘・アルトランド
備考:リベイクが倒したグレイズにグシオンチョッパーが刺さってるのでリベイクが使ったっぽい。




ギャラルホルン
グレイズアイン
グレイズアイン
使用武装:専用大型アックス×2、ドリルキック、スクリューパンチ
パイロット:アイン・ダルトン

キマリストルーパー
ガンダムキマリストルーパー
使用武装:デストロイヤー・ランス、キマリスシールド、キマリスサーベル
パイロット:ガエリオ・ボードウィン

グレイズ地上戦仕様
グレイズ地上戦仕様




マクギリス
グリムゲルデ
グリムゲルデ
使用武装:ヴァルキュリアブレード×2
パイロット:マクギリス・ファリド






未使用装備
・装備するはずの機体が装備しない
 百里のグレネードランチャー
 百錬アミダ機のアサルトライフル
 クタン参型の滑空砲

・そもそも出てこない
 グシオンアックス
 キマリストルーパーの機雷
 流星号のショートバレルライフル
 テイワズの四連式ロケットランチャー

無職転生とかなろう小説色々 感想

読んだ順。
ログ・ホライズンとかオーバーロードとかも読んであるんだけど読んだのわりと前で感想あんま覚えてないからスルー。

異世界居酒屋「のぶ」

古都の路地裏に一風変わった店がある。
居酒屋「のぶ」
これは、一軒の居酒屋を巡る、小さな物語である。

 異世界料理もの版「超兵器ガ壱號」みたいなやつ。
 別につまらなくはないけどなんか現実世界で料理店経営に失敗したから料理技術の低い異世界に出店して現実世界の電力とか現実世界の仕入先とか使って無双する的な話なのでいまいち釈然としない。
 まさしくチート(ずる)みたいな感じの話というか、せめて異世界内で事業を完結させて欲しい。
 

異世界食堂

洋食のねこや。
オフィス街に程近いちんけな商店街の一角にある、雑居ビルの地下1階。
午前11時から15時までのランチタイムと、午後18時から21時までのディナータイム。
定休日はオフィス街が空になる土日。
ランチは1000円まで。ライス、パンとスープはお代わり自由がこだわりといやあこだわり。
猫の看板と入り口に据え付けられた招き猫の鈴が特徴っちゃ特徴の、猫好きだったじいさんが、どっちかと言えば犬派の俺に残した小さな店。
そんな、どこにでもある普通の飯屋さ。

…ああ、たった一つだけ。他と違うところがある。

毎週土曜は、週に一度の特別な客が来る営業日になってる。
定休日じゃなかったかって?そうだよ。だから、特別な日。
毎週土曜だけ、ここは特別な客を迎えるから、表向きは休み。
じいさんが始めたことで俺も詳しいことは知らない。
けど『向こうの連中』はここのこと『異世界食堂』って呼んでるよ。

 好みの問題のような気もするけど、異世界料理ものだと個人的にはこっちのほうが「のぶ」より好印象。
 「のぶ」でひっかかっちゃった部分をきちんとクリアリングしてる感がある。現実世界で食堂を健全に経営した上で半ば道楽として土曜日だけ異世界食堂やってるって設定とかね。
 あと単純にこっちの方が話の組み立て方が好みなんだよな……時系列シャッフルで情報小出しにしてちょっとずつキャラとキャラのつながりとか設定と設定のつながりとかが見えてくるのが楽しい。(そのせいでなんかよく話がわかんなくなってくるけど)
 特に某キャラの正体がアレだってわかる話が好き。「あー!そこ!そこ違和感あったんだよなー気づかなかったけど!」ってなった。

 
この世界がゲームだと俺だけが知っている 

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。
その熱狂的なファンである相良操麻は、不思議な道具の力でゲーム世界に飛ばされてしまう。
突然の事態に驚く操麻だが、そこは勝手知ったるゲームの世界。
あらゆるバグを使いこなし、ゲームの仕様を逆手に取る彼は、いつしか『奇剣使いソーマ』と呼ばれていた。

 このあらすじからは全く読み取れないけど、実際のジャンルは叙述トリックもの。
  何か問題が起きる
 →主人公がその問題を(一見)普通の方法で攻略しようとする
 →失敗……すると見せかけて実は主人公は普通の方法ではなくバグを利用した方法で攻略しており、それを知らなかった仲間(と読者)はびっくりする
 というのが基本的な流れで、このシークエンスを繰り返すことでストーリーが進行していくのは中々楽しい。
 ただこの作品、個人的にどうにもノリきれない部分が一つだけあって、主人公が転移したゲーム世界がなんか主人公のためだけに神様が即興で作った箱庭みたいな感じの設定なのが釈然としないというかこれ何やっても茶番みたいになると思うんだけど……まあまさしく「この世界がゲームだと俺だけが知っている」っていうタイトル通りという感じ。


最果てのパラディン

かつて滅びた死者の街。
そこには1人の子供と3人の不死なる者たちが存在した。
かつて英雄であった不死者たちに養育される少年、ウィル。
技を継ぎ知識を継ぎ、愛を注がれ少年は育つ。
解き明かされてゆく、不死者たちの過去、秘めたる謎。
その全てを知る時、少年は聖騎士への道を歩みだす。

 異世界転生もの。なんか……普通に面白かったので特に言うことがない。
 「小説家になろう」で異世界転生もの読むのこれが初めてだったから最初に読んだ時は「この異世界転生設定あんま意味なくない???」ってなってたんだけど、これ以外にも色々読んだらちゃんと意味付けしてる方だなぁってなったし……。
 あえて言うなら灯火の神さまグレイスフィールがかわいい。早くエコー出して来て欲しい。


八男って、それはないでしょう!

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。
だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。
僻地に領地を持つ貧乏貴族の八男という、存在意義さえ怪しい子供に憑依した彼は、幸いにも魔法の才能があったので早くに自立しようと我が道を進む。
家門と領地継承も、内政無双も経験が無いから無理。魔法で金を稼いで、自由に生きて何が悪いというのか。
まあ、結局人の営みで発生する柵(しがらみ)からは逃れられないのはこの世の常として。
これは、そんな若造ヴェンデリン・フォン・ベンノ・バウマイスターの世界なんて救わないお話である。

 異世界転生?もの。「主人公が普通にベッドで眠りについたら目覚めた時なぜか異世界の貴族の八男(6歳)に取り憑いてた」って設定は異世界転生ものに含まれるんだろうか……恐ろしいくらい理不尽な始まり方だ。オバロの「MMOの土地とか資産を持った状態でMMO世界とは何の関係もない謎の異世界に転移しました」よりも理不尽。

 なんか序盤が普通に面白くないとか、主人公の異世界料理コンサルタントチート描写がうざいとか、本編の合間に頻繁に挿入される幕間のせいで時系列が行ったり来たりして読んでて困惑するとか、序盤から出てくるヒロイン3人のうち2人の名前(ルイーゼとエリーゼ)が異常に紛らわしいとか、どうでもいいサブヒロインが物凄い勢いで現れては主人公に嫁入りしていくとか、どうかと思うところがいっぱいあるんだけど、不思議と読めるんだよなこれ……何がいいんだろ……。

 なんというかすごいライブ感がある作品。
 週刊連載の少年漫画みたいにライブ感のある漫画とか平成ライダーみたいなライブ感のある特撮とかはよくあるけど、ライブ感のある小説ってなかなか読まなかいからすごい新鮮さだった。新聞連載小説でもない限りある程度まとまった形で出されるからな……。
 冒険者予備校に通い始めたと思ったらすぐに卒業扱いになったり、ブライヒレーダー辺境伯とコネ作り初めたと思ったらすぐに国王陛下とのコネも作って辺境伯とのコネにあんま意味なくなったり、あと帝国編。38話くらいある帝国編のうち24話くらい付き従ってたテレーゼをなんかいつの間にか見限ってて、ぽっと出のキャラを盛り立て始めたのは今までの流れいったいなんだったのって普通にびっくりした。


Knight's & Magic 

メカヲタ社会人が異世界に転生。
その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。

 異世界転生ロボットもの。でもこれ別に異世界転生設定要らなかったんじゃないかな……。
 なんか異世界転生ものとしての個性出そうとしたっぽい「主人公のモノローグは関西弁」設定とか完全に死んでるし、主人公の異世界ロボット知識がロボット開発に役に立ったの最序盤のサブアームくらいしか無い気がするし。
 「たまたまロボットに異常な執着を持っててたまたま異常に魔法の才能あってたまたま異常にロボット開発の才能ありました」って主人公も、「生前ガンダムとか好きだったのでロボットに異常な執着を持っててたまたま異常に魔法の才能あってたまたま異常にロボット開発の才能ありました」って主人公も大して変わらんだろ……。
 というかむしろ「転生したらたまたま異常に魔法の才能あってたまたま異常にロボット開発の才能ある体に生まれました」と「たまたま異常に魔法の才能あってたまたま異常にロボット開発の才能ある体に生まれました」比べたら後者の方が納得感がある。
 あとこの作品、基本的に面白いのがロボット開発パートなので、ロボ開発どころかロボ戦闘すらなくてなんか巨人同士の闘いに首突っ込んでるだけの最新章の展開がさっぱり面白くない。なんのためにあるんだこれ。


ディンの紋章 ~魔法師レジスの転生譚~

どこに出しても恥ずかしい就職浪人の主人公は、ある日不運にも事故死してしまう。
目を覚ますと、彼は異世界に転生していた。
もう二度と怠惰な生活なんて送らない。
そんな決意と共に人生をリスタートしようとするが――
生まれた先は、まさかの没落貴族だった。一体どうしろと。
これは没落から家を救ったり、仲間と共に奮闘したりする一人の青年の物語。

 異世界転生もの。2章ラストまで読んだところでリタイア。
 別にめちゃくちゃつまんなかったとかではないんだけどなんかこじんまりとまとまってる感じて普通に面白くなくて別に読まなくてええじゃろってなった。
 きちんとまとまった面白くない商業ラノベみたいな作品より、「八男って、それはないでしょう!」くらいとっちらかりまくった意味わかんない作風で面白くない作品のほうが読めるぞ。
 「八男って、それはないでしょう!」の序盤に比べればどう考えてもこっちの序盤のほうが出来いいんだけどな……。


無職転生 - 異世界行ったら本気だす -

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうやら異世界に転生したらしい。
 彼は誓う、今度こそ本気だして後悔しない人生を送ると。

 「小説家になろう」内の累計ランキング1位だけあってこの中で一番面白かった。特に全24章のうち15章ラスト~19章あたりの展開がすげぇ好き。
 一見よくある異世界転生モノなんだけど、個人的にはそこらへんより時間もの要素のほうが楽しい。なんというか作品の構造がやたら変わってて中々見ないタイプのストーリー展開。
 未来予知者とループ能力者が自分にとって都合のいい未来図を互いに押し付けあう長きに渡る戦いを繰り広げてる所に、時間移動者(と過去改竄能力者)が首を突っ込んできて、しかも全員それぞれできることとできないことが違うっていうあたりがすげぇワクワクする(いやそこは別に本筋ではないんだけど)。
 あと、「まぁ凄いことは凄いんだけどそこまで凄すぎるわけではない」っていう主人公の設定のバランスの取り方が丁度いい具合になってると思う。最強キャラの戦闘力を10とすると主人公の戦闘力が通常時6辺りで条件付き9って設定とか。主人公のポジションをドラゴンクエスト5で例えるとパパスなとことか。勇者どころかDQ5主人公どころかパパス。でも主人公が歴史に影響与えまくってるのは間違いないし英雄だよねっていうバランス。 

 個人的には今の所この無職転生がなろう小説で一番オススメなんだけど、僕がこの作品で一番の盛り上がりだと思ってるポイント15章~16章とかなんだよな……「これ15巻から面白くなるから読んで!」って誰かに全24巻のラノベを勧めてる人間を見たら僕は「こいつ狂人かよ……」って思うと思う。

 あと、作品とは全然関係ないからまあどうでもいいっちゃどうでもいいんだけど。この作品の作者、ブログ的な奴にやってきた的はずれな感想とかにいちいち取り合っててたまにレスポンチバトルとかしたり「それ確かに言うとおりだわ……」みたいな感じで勝手に凹んだりしてるのがちょっとかんべんして欲しいというか、個人的に創作者ってもっと超然としてて欲しいんだよな……。作者とファン(やアンチ)の距離感が近くていいこととかなんもねぇよなぁ。


二度目の勇者は復讐の道を嗤い歩む

魔王を倒し、世界を救えと勇者として召喚され、必死に救った主人公、宇景海人。
彼は魔王を倒し、世界を救ったが、仲間と信じていたモノたちにことごとく裏切られ、剣に貫かれ死んでしまう。
そのときに、彼は誓った。
もし次があるのなら、信じるという言葉にすがるのはやめよう、と。
もし次があるのなら、できる限り残虐にこいつらに復讐しよう、と。
もし次があるのなら、今度こそ間違えないようにしよう、と。

「あぁ、お前ら全員、絶対に殺してやるよ……」

その言葉を最後に、彼が死んだ。
そして、声が響き渡った。
………【システムメッセージ・チュートリアルモードを終了します】と。

 異世界転移主人公による逆行復讐もの。
 なんか……15年くらい前にこういう逆行SSあったよなぁって感じで中高生の好みは変わらないんだなぁってなる。
 まぁ面白いとは思うけど特に感想として言いたいことはないな……。


マギクラフト・マイスター

 世界でただ一人のマギクラフト・マイスター。その後継者に選ばれた主人公。現代地球から異世界に召喚された主人公が趣味の工作工芸に明け暮れる話、の筈なのですがやはり異世界に付きもののあれこれもついて回ると思います。
 普通は性能や装備での劣勢を主人公が技術や技能や精神力やらで跳ね返すのですが、本作ではむしろ性能や装備が相手より上回っています。
 魔法は神秘の力というよりも、物理法則を支配する超物理的な力という扱いをします。
 ですので精霊とかは多分出ません。

 異世界転移もの。3章10話くらいまで読んだところでリタイア。
 1000年前に死んだ魔法工学士の後継者に選ばれた主人公が異世界に転移、魔法でぱぱっと魔法工学士の技術や知識を受け継いで無双するみたいな感じの話でまあ普通に面白くなかった。
 さすがにノー訓練で得た借り物の力で無双する話を読むのは辛い。


人狼への転生、魔王の副官

人狼の魔術師に転生した主人公ヴァイトは、魔王軍第三師団の副師団長。辺境の交易都市を占領し、支配と防衛を任されている。
元人間で今は魔物の彼には、人間の気持ちも魔物の気持ちもよくわかる。おかげで周囲からは知勇兼備の名将だと思われているが、実際は苦労の連続だ。
やたらと暴力に訴えがちな魔物たちを従え、すぐに文句を言う人間たちも何とかして、彼は今日も魔王軍の中堅幹部として頑張る。

 異世界魔物転生もの。今読んでる……んだけど他国編入ったら急に話がたるくなって来たから読むのもうやめそう。
 別にこの作品に対してどうこうってわけではないんだけど、異世界魔物転生もの書いた最初の一人は多分普通の異世界転生テンプレから一捻りしようと思って魔物に転生させたんだろうに、それが更にテンプレ化してるのはちょっと笑えるよな……。
 あと何気に物語が異世界転生直後から始まらない異世界転生ものを初めて読んだんだけど、これ異世界転生もの全体の中では少数派なのかな。
プロフィール

grogxgrog

Author:grogxgrog

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター